FC2ブログ

見切り発車。株分け

現在、多肉カテゴリ以外は記事移行作業中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アナカンプセロスの種まき

尋常じゃなく種が採れることで定評のあるアナカンプセロスの花が次々と咲く季節になった。



カラスモンタナ(Anacampseros karasmontana
5月24日
20140524カラスモンタナ

6月1日
20140601カラスモンタナ1
20140601カラスモンタナ2

去年も同じように花のアップを撮ってとくいげに載せていて行動パターンが同じ事にショックを受けた。
この後、種が大量に入ったさやになります。つぼみの数だけさやが採れます。



吹雪の松(Anacampseros rufescens
6月1日
20140601吹雪の松1
20140601吹雪の松

1月の国際多肉植物協会新年会で有志の方からいただいた吹雪の松。
植え替えで根を切ったため写真の頃にはまだ根が出ておらず、土の上に横たわっている状態。
まさか花が咲くとは思わず、ノーマークだった。
満開が見たかった。綺麗だったでしょうに!
アナカンにしては大きい、1mm弱の種が採れた。大量に。



レツーサ(Anacampseros retusa
6月14日
20140614レツーサ1
20140614レツーサ2

去年の今ごろは瀕死から少し復活したくらいの状態だったレツーサ。
当時はつぼみは付いたが花が咲かなかった。
やっと儚げな花を見ることができた。購入時から老株なのでもじゃもじゃ
かれは種も前2種程取れなかった。


6月29日
20140629アナカン

そして尋常じゃなく発芽することで定評のあるアナカンプセロスの種を蒔いたのが6月半ば頃。
今では上の写真よりも生え揃っている。
一番奥はレツーサ専用鉢です。発芽が少ない。多分株の管理の問題かと思います。

去年は、種というものは素人が蒔いても発芽するものじゃないだろうと思っていたので、てきとうにその辺の鉢に蒔いていました。
まさかあんなに発芽するなんて。
しかしそれらの鉢は、夏にメインで植わっているものに腐れが出るなどして土ごと処分してしまいました。
アナカンには悪いことをした。今年はごらんの通りです。

腰水用の半分に切ったペットボトルのかわりにあとでおしゃれ容器買って来ます。
関連記事
スポンサーサイト

| 栽培記録 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

COMMENT














TRACKBACK URL

http://red73mikiri.blog.fc2.com/tb.php/69-fac9ce87

TRACKBACK