FC2ブログ

見切り発車。株分け

現在、多肉カテゴリ以外は記事移行作業中です。

2018年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

A. クリニタの花とか

アナカンプセロス・クリニタの花が夏の初めからちょいちょい咲いています。

20180829クリニタの花

20180829クリニタら
アナカンプセロス属 クリニタ / 茶傘(Anacampseros crinita

夫のクリニタ。
午後3時ごろから夕方にかけて咲きます。
アナカンは自家受粉でアホほど種が採れるくせに、クリニタは全く種ができません。
挿して増やしていきます。

20180829クリニタ
アナカンプセロス属 クリニタ / 茶傘(Anacampseros crinita

夏の強光に当てると焦げる。しかし当たっていないと伸びる。
私の方は伸ばしっぱなしにしているので汚いです。足元からどんどん新芽が出てきます。

20140707クリニタ

これらクリニタは2014年の夏に、夫が奈良の某所で買ってきてくれたものです。上記が当時の写真です。ここからちぎって挿しを繰り返し増え続けました。
私が多肉を始めたころは先っぽひとつが1000円で売られていて希少な高級品というイメージでした。


20180829ディフューサ
ロホホラ属 翠冠玉 / ディフューサ(Lophophora diffusa

先日記事にした、焦げてあわれな姿になったディフューサが早くも復活しつつあります。
き、汚い…


20180829カランコエテロ

おまけ
夫によるカランコエテロ。


スポンサーサイト

| 栽培記録 | 11:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

焦げアトロビリディス

夏至をピークにベランダには再び陽が射すようになります。
8月は7月よりも少しだけ日当たりが良い。
すると、なんだか焦げ焦げの植物がちらほら


20180809atroviridis.jpg
ユーフォルビア属 アトロビリディス(Euphorbia atroviridis

夫のタコ。
彼はタコが好きです。ある夜、大変だ!と鉢を持ってきました。
足も頭もコゲコゲになっています。

20180809atroviridis2.jpg

無事な足の一部が変な成長をしています。
タコの足って枝分かれするんでしょうか?

20180809atroviridis3.jpg

夫は「綴化もしくは生長点が焼けたせいで分岐したのかも」と言っています。
今後どうなるのか注視したほうがよさそうです。


20180803ハナキリン

おまけ
恵比寿大黒の上がハナキリンの乾かし場にされてた。


ところで前記事のアエルギノーサはもう根付いたそうです。
さすが成長期、早いですね。


| 栽培記録 | 14:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |