FC2ブログ

見切り発車。株分け

現在、多肉カテゴリ以外は記事移行作業中です。

2016年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

テフロカクタス・ボンニアエ(プナ・ボンニアエ)が徒長してる

テフロカクタス属 ボンニアエ(Tephrocactus bonnieae

旧 / プナ属 ボンニアエ(Puna bonnieae


昨年の夏にちぎってさしていたボンニアエ。


20160727puna.jpg

ふと見るとみずみずしい新芽が出ていると思ったら

20160727puna2.jpg

ああなんか長い。


2015年8月20日
20150820puna.jpg

増やそうと思ってちぎったわけではないんです。
昨年の夏、触るとえらくブヨブヨになっていて、頂きものなので枯らしたくないと焦りました。
状態を確かめるために2か所切るも断面はみずみずしく、水をやるとすぐに復活しました。
水をやらなさすぎだったらしい。

ちぎった2か所は土にさしたところしばらくすると根が出ました。
しかし水をやるとすぐにカビが生えるし根が消えるし、扱いづらいと思い放置していたら春ごろにはしっかり根付いていました。

そしてこの夏成長しているようなんですが、育ったところが長い。
日光が足りないのかしら。


ところで

え、エキゾチカが閉園するんですか?!

Sabomaniac!様 - 「さよならゾチカ。

どどどどうするんですか、これからイモやら骨やらみんなどこで手に入れるの?
どこのサボテン屋もあそこのラベルだらけだったのに。大事件ではないですか!
まだ輸出入禁止前なのに、手に入りづらくなってしまうんでしょうか。
様子を見ますか……


スポンサーサイト

| 栽培記録 | 16:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月のベランダ

7月半ばのベランダの様子。

2016年7月15日
20160715ラウイー

ラウイー様がきれいな状態を保っている。
スマロがきもい。
背後の黒竜が今の季節、なぜか元気そう。



先日(6/24~27)行われた、山城愛仙園の春夏期大展示即売会で購入したものの紹介です。


20160715眠り布袋
ゲラルダンサス属 眠り布袋(Gerrardanthus macrorhizus

なかなか見ないと思ったら、可愛いサイズがたくさん入荷していたので購入しました。
塊根サイズは5cm強あります。
写真を撮った時はちょっとしぼんでいる気がする。水はたくさんやった方が良い系のイモ。
目指せ鏡モチ。


20160715エリナケア
アロエ属 エリナケア(Aloe erinacea

高さ4cm。透明なノギが綺麗です。
成長するとこれが赤黒くゴツくなり幹立ちして超格好良くなるそうです。
夫のです。(お金を出した方が水やりをする事になっている。)


山城で使われるようになったこの黒い四角いスリムな鉢、恰好良いですね。札を挿すところもあるし。
オマケで大中小5個ずつを配布していました。
オマケのラインナップにはなぜか食虫植物もあった。



遅い起床の2者。


20160715ポイゾニー?
ユーフォルビア属 ポイゾニーのようなやつ

ユニスピナの名で購入した、トゲが全くないのでポイゾニーのような気もするやつ。
6月の初旬に葉を出し始め、かなり展開してきたので水をやりました。
例年より遅いです。
朝日が安定して射していた大阪市内住みの時はどんな季節にも躊躇なく水をやっていたんですが、南東向きに引っ越してからは日が高くベランダにほとんど陽が射さない状態で、警戒しながら水をやっています。


20160715エキヌラツム
ムナデニウム属 エキヌラツム(Monadenium echinulatum

花が終わる頃に茎を切って数か月。やっと次の芽が生えてきました。
こいつも遅かったな!
冬から水を一切やっていないので、かなりしぼんでいます。水も肥料もこれからたっぷりやります。



以下はユーフォルビアの花々です。


20160715デカリー?花20160715デカリー?
ユーフォルビア属 謎のタコ

シリンドリフォリアの名前で購入したもののどうも葉の形が違うタコ。
長い間デカリーかもしれないと思ってたけど、今となっては分からない。
花盛りです。
ところでこの辺はやたらとクモが多い。気を抜くとそこらに網をかけられている。


20160715デカリー花20160715デカリー
ユーフォルビア属 デカリー(Euphorbia decaryi

夫のデカリー。
これは正真正銘のデカリー。札から察するに奈良の某所で購入したもの。
これ系の花はシックで好きです。


20160715フランコイシー花20160715フランコイシー
ユーフォルビア属 フランコイシー(Euphorbia francoisii

夫のフランコイシー。
イモが大きくてうらやましい。

20160715フランコイシー2

葉っぱは特に模様無し。


梅雨が終わりました。
今年は晴れ間が全く見えずかなり不安のある梅雨でした。
しかし聞くところによると、香川は例のごとく雨がほとんど降らなかったらしいです。
いいわねー

| 栽培記録 | 15:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |