FC2ブログ

見切り発車。株分け

現在、多肉カテゴリ以外は記事移行作業中です。

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

植物屋 Dohraku を訪ねました

10月24日(土)
大阪府河内長野市の植物屋 Dohrakuさんを訪ねました。
店主は花の文化園でサボテン・多肉植物の担当を経て、退職後このお店を始めたそうです。
(行きそびれたけど、花の文化園のサボテン展は今年も盛況だったようです。)

20151024Dohraku.jpg

良く陽の当たるガレージがお店
様々なサボテン・多肉植物らの間に、本物と見紛う出来のフェイクプランツが置いてあったり。
タイからの輸入品だそうで、ビカクシダなんかは本当に本物に見えました。タイ凄い。
こちらでネット販売している模様?→ネットショップ plant×play works【植物遊戯】

お手頃な2.5号~3号サイズの鉢がたくさんあり、同行者はタコとカブトを購入していました。
小鉢だけじゃなくてホリダや複隆磐石の巨株など、見応えのある株も。

山野草もやっています。

20151024Dohraku2.jpg

この日は富田林でのハロウィンイベントに出店しているとのことで、やさしそうな、そして植物好きのお母様が対応してくださいました。
地元の活動に熱心なようです。素晴らしい!

20151024Dohraku3.jpg

風にゆられる、タイのクリエイター作の小物。この写真のまるいやつがいちばん好き。
欲しかった><

すみっこで、華やかな役目を終えたあとの胡蝶蘭を大事に育てていたり、ビン詰めの水ゴケに「観察中」と書いた紙を貼っていたり、そこかしこに店主の植物好きが垣間見える素敵な空間でした。


いま、都会のビルの一室で、あるいは在庫を持たないビジネスとして、新しいサボテン・多肉植物屋が雨後のタケノコですが、こうやって光の射す場所で地に足をつけたお店を見ると、何だか気分が落ち着きます。
良いお出掛けでした。



おまけ

きれいに水平が取れた!見てみて!

20151018ベランダ

すみません、何でもないです。左端のエキヌラツムが頭が重くて傾いていることに今気付きました。
ベランダのパキポディウムの様子です。


恵比寿笑い(Pachypodium brevicaule

5月30日
20150530恵比寿笑い

10月18日
20151018恵比寿笑い

5月の頃より横に伸びた?気のせい?光の加減?
光をガンガン当てると、葉っぱを小さく保てるそうです。常時5月くらいの葉のサイズにしたいです。
今年は花が咲きませんでした。


グラキリス / 象牙宮(Pachypodium rosulatum var. gracilis)

20151018グラキリス

寒さを感じているようです。葉っぱが一つ二つ黄色くなりました。
春から夏にかけて花を大量に咲かせました。


恵比寿大黒(Pachypodium densicaule)

5月30日
20150530恵比寿大黒

10月18日
20151018恵比寿大黒

5月、2013年6月に購入後初めて花を見る事が出来ました。濃い黄色です。
現在、寒さを感じている様子がまるでありません。
縦への成長が止まり、昨年から幹がどんどん太っていっています。
しかし基部は太らない。おしい。
スポンサーサイト

| イベント、店舗訪問記 | 00:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昨年のシャボテン大会で購入したアエルギノーサ

ユーフォルビア属 アエルギノーサ(Euphorbia aeruginosa

2014年の日本シャボテン大会にて、芳香園ブースのどれでも3点で千円コーナーにいたアエルギノーサです。
→ 購入時の写真
持ち帰り時に折れてしまった刺の位置を見ると、かなり成長している。

20150829アエルギノーサ
(8月末の写真)

冬の間は割りばしを立てて支えていました。
春になって外に出す頃になると、割りばしを外しても大丈夫な程度に根を張っていた。強健です。
春から夏の間に成長した部分の刺は冴えない黄色ですが、この秋から出た刺は美しいメタリックレッド。置き場所は変わっていません。謎
枝が増えると嬉しいのですが。

| 栽培記録 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第41回 日本シャボテン大会 レポート

関西の多肉植物愛好家はみんな京都に集合です。
西日本最大級のイベントが今年も行われました。

以下、「仙人掌 -夢の世界-」様の掲示板の告知分を引用します。

第41回 日本シャボテン大会のご案内

○名称 第41回 日本シャボテン大会
○主催 京都シャボテンクラブ
○後援 京都新聞社
○日時 10月11日(日)9時から16時
○会場 京都府中小企業会館
    京都市右京区西院東中水町17
    電話(075)314-7171
○行事 (イ)展示品評会
    (ロ)大即売会
    (ハ)優品交換会


以下はブース販売の業者さん
(五十音順)
大石錦仙園、鶴仙園、カクタスニシ、グランカクタス、小林カクタス、コロンカクタス、サキュレントボックス・ルチア、たにっくん工房、橋本殖産、廣仙園、芳香園、芳明園、堀川カクタス、山城愛仙園
14ブースは確認したのですが、告知を見ると西沢サボテン園も参加していらっしゃいました?


10時に会場に到着すると、すでに購入品をかかえた来客者がぞろぞろとお帰りになる所でした。
会場にはいると某ブースはすでに完売の状態。
サボテンイベントはいつも進行早い!


展示品を少し撮ってきました。

20151011姫牡丹1
20151011姫牡丹2
姫牡丹の群生
こんなに群生している姫牡丹は初めて見ました。凄いです。

20151011姫牡丹3
ダントツ一位です!

20151011亀甲竜
美しく仕立てられた亀甲竜
先日の狂仙会で、亀甲竜の花を初めて見ました。小さいメルヘンな花でした。エルダーフラワーみたいで可愛い。

20151011セッカ1
20151011セッカ2
20151011セッカ3
格好いい綴化ら

20151011狂刺天平丸
「狂刺天平丸」と札には書いてあった。
なかなか異様な雰囲気。今回のナミ賞はこの株に進呈します。


セリは12時40分頃から開始。
セリが始まると、皆セリに夢中になるのでブース販売はこの時間でほとんどおしまいです。

20151011セリの亀甲竜
メキシコ亀甲竜
直径約40cmの巨大亀甲竜!

この亀甲竜が今回のメイン!かと思ったら、人々の視線はその隣の単頭の花籠の大株に奪われていた。
後ろで繁っている葉は別のやつ。
それらのセリ結果を見届けて、帰路につきました。





このようなイベントについて書いていつも思うことですが、他の方のブログやSNS記事を見ると、見ている所がまったく違い勉強になります。
ですので、リンクを張っていきます。

ガマンマ様-日本サボテン大会2015に行ってきた。
雑草錦様-京都大会2015


他にも記事をお書きになっている方を見つけたら増えていきます。

| イベント、店舗訪問記 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サルコカウロン(モンソニア)生い茂る

すごかったですね!あのオークション!
何にいちばんエキサイトしたかって、実生25年であの風貌って事です。
「日本では現地採取株のようにはならない、貧弱でヒョロヒョロ成長する」というテキストを読む機会が、皆様いちどはあったかと思います。
でも、日本でもああいった株に成長させることが可能ということが分かりました。凄く希望が湧きますね!
これ


以下は、うちのサルコカウロン(モンソニア)です。


サルコカウロン属 ムルチフィヅム(Sarcocaulon multifidum
現・Monsonia multifida

20151004ムルチフィヅム

8月の間、葉を落として黒い棒になっていました。そして陽光に晒されていました。
7月以降の水やりは2回。水をやるとすぐに葉が生い茂ります。


サルコカウロン属 ペニクリナム(Sarcocaulon peniculinum
現・Monsonia peniculinum

20151004ペニクリナム

扇風機は9月の始めに外しました。
遮光は続けていますが、もう要らないかなという気がする。
こちらも、7月以降の水やりは2回。多いか少ないかは不明。
空中湿度が高い時には真緑になっているので、勝手に吸ってると思います。
ムルチは様子が変わらないので分からないです。

| 栽培記録 | 00:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |