FC2ブログ

見切り発車。株分け

現在、多肉カテゴリ以外は記事移行作業中です。

2015年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

豹頭と太平丸が咲きました

初春~初夏にかけサボテン多肉植物のイベントがあるたびに、展示物と比べて自分のサボテンに花がつかないことを不安に思っていました。
「まあ、温室やフレームがなければこれからでしょう。」と回答いただいて安心していた所、6月に入って豹頭と太平丸が咲いてくれました。


エリシケ属 豹頭(Eriosyce napina

2014年4月16日の写真
20140416豹頭花

上記は昨年の入手したての頃の写真です。
径3センチ程の小さな身体に黄金色の花が咲き誇っている姿が素敵だと思って購入しました。
またあの花を見たいと思いながら1年、5月末頃にはつぼみが膨らんできました。

2015年6月4日
20150604豹頭花1
20150604豹頭花2
20150604豹頭3

咲いた!
去年より黄色みが薄くベージュ色をしています。
4月に屋内から外に出してからひと月2回くらい水をやっていました。間隔が短かったのか、肥料のせいか、コブが伸びて消えてきている。
花は5日くらい閉じたり開いたりを繰り返して咲いていました。


エキノカクタス属 太平丸(Echinocactus horizonthalonius

6月13日
20150613太平丸つぼみ

昨年の狂仙会から連れて帰った大きな太平丸。
山城の春夏期即売会に行こうとしたら、突然つぼみが出現していた!
なんだか毛がいつもよりもさもさしていると思ってた!

20150615太平丸花1
20150615太平丸2
20150615太平丸3

ビビッドピンク
夜中に帰ったらすでに咲いていた。翌日の写真。
こういう、豪華な花がボコンッと乗っているところが好きです。この週はずっと曇り続きで、開ききっている所は見ることができなかった。
花は2日で終了した模様。


豹頭と太平丸の他には、ロホホラ・ディフューサが今年もすでに2回花を咲かせた名残があるのですが、タイミングが合わず見ることができなかった。
記事にしようと思って待ってたんだけど、週末には終わっていた。何回も咲く奴なので、また咲くかなあ。



さて、花サボテンが咲き誇る山城愛仙園にて。

20150614山城1
20150614山城2

案内ハガキに「サボテン・多肉植物共にとても成績の良い、新しい形の鉢」を購入者にプレゼントという、その正体はプレステラの黒鉢でした。
やったね。プレステラユーザーは自信を持って使い続けよう!
スポンサーサイト

| 栽培記録 | 01:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カクタスニシを訪問しました

多肉に入門して間もない頃、カクタスニシのカタログをしげしげ見つめて思った。
なんて宇宙的でcoolな植物だ、窓をやる予定は今のところ無いが、たった一株育てるとしたらコレクタ、コレクタのジュピターしかない。
いつかカクタスニシを訪れる機会を得たときには、手頃なジュピターに出会えると良いな。


6月6日(日) 和歌山

20150606カクタスニシ

というわけで機会を得ました。

美しく整頓され、見やすい園内。
ハオルチアの標本株が整然と並び圧倒される。


20150606砂漠の薔薇

まず入った所で仰天したのが、ハオではなくこの砂漠の薔薇のBONSAI。
台湾の品評会で優勝した物らしい。すごい、この太みじかさはお金を出しても買えない。
問い合わしようとした方には残念なお知らせですが、売却済みとのことです。
背後の黒鉢に植わっているのは、みんな大好きドルステニア・ギガス。


20150606コレクタ

コレクタ!コレクタ!
窓の中を、白い線がスッと現れスッと消える所が好きです。
鉢が格好良い。ニシオリジナル鉢で、販売も行っているようです。


20150606ジュピター

ジュピター!
窓の中にほうき星が流れネオンが瞬く。多肉には珍奇な外見を持つ者が多いが、コレ植物なんだよなあと感嘆が漏れたのはハオルチア・コレクタをおいて他にない。
やはりこれは手に入れなければいけない!


20150607ジュピター
「ジュピター実生選抜苗 JPA-1」

というわけで手に入れたのがかれ。いつかは上の写真のような姿に……
その前に皆のようなヌラッとした写真を撮れるようにカメラの訓練が必要だと思った。
日光は必要だけど、遮光もしなければいけない。良い置き場所を考えないといけませんね。


20150607ノーマ
グラプトベリア “ノーマ”

ニシは、ハオルチアの他には、大型エケベリアやディッキアが豊富でした。
その中に、パッと目に付くテカテカした白い丸い大きな葉。グラプトベリア “ノーマ”、これも購入。検索すると海外の交配種?
白い大きいの好きですが、ベランダ無遮光下で育てると朧月らのようにだんだん紫になっていくのが目に見える。

チラッと映っている手作り鉢も購入。何を植えましょうか。
大阪市植木市から、すみれ陶園さんが撤退(引退?)して以来、格好いい鉢難民になっています。たすけて。


以上、カクタスニシ訪問記でした。
写真掲載の許可をいただき、ありがとうございました。
ハオルチア好きはここに来ると確実に終日居座ってしまうと思う。





おまけ

明日より我らがホーム(と勝手に思い込んでいる)山城愛仙園にて6月の即売会が行われる。
案内ハガキのこの一文が気になった。

20150611案内ハガキ

とても成績の良い新しい形の鉢とは?
これがいったい何なのか、確認しに行ってきます。



おまけ2

20150606エキヌラツム
20150606エキヌラツム2
モナデニウム属 エキヌラツム(Monadenium echinulatum)

5月初旬には葉を出し始めたエキヌラツム。
花茎も長い間残って楽しませてくれましたが、この頃にはしおれ始めていたので切り取りました。
2月からずっと咲いていた。花が長いのは驚き。

新しく出た葉は、ピンクで縁取られていて可愛いです。
塊根を持ち・花は格好良く長持ち・葉が可愛いとか、贅沢すぎます。モナデ凄い。


20150606プナ・ボンニアエ
テフロカクタス属 ボンニアエ(Tephrocactus bonnieae) 
旧 / プナ属 ボンニアエ(Puna bonnieae

上の表記で良いんでしょうか。
3月にいただき、5月中旬に1回目の水やりを行ってみたんです。
するとあちこちがでっぱり始め、「これは花芽に違いない!」とワクワクしていたんです。
これはどう見ても新球ねえ。

| イベント、店舗訪問記 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |