FC2ブログ

見切り発車。株分け

現在、多肉カテゴリ以外は記事移行作業中です。

2014年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

フォエチダの花

ドルステニア属 フォエチダ(Dorstenia foetida

6月末購入後、翌日に見ると葉が赤茶けていた。
どんどん葉が落ちていき、もうダメかと思っていたが、小さな葉を残して落ちきったあとは問題がなさそうに見える。
環境に慣れようとしたのかどうかは知らない。
以下は購入時から付いていた花のようす。

7月6日
20140706フォエチダ

あちこちに飛んでいくことで有名な種がみえる。

半水生ブログ-ドルステニア sp. ラブラノス
ドルステニアの種については、上記ブログの記事がとっても分かりやすい。
マネをして、袋を被せておこうかしら。

7月11日
20140711フォエチダ

一週間後。
しまった、忘れてた。
これはどうみても全弾発射されたあと…




別件

新年大会で有志の方からいただいたピグマエアか群卵か分からなかったやつの正体が判明しました。

20140713ピグマエア
このささやかな花は……ピグマエア(Ceraria pygmaea)!

秋~春成育。
春頃は2週間に1度くらい水をやっていました。しかし日光不足で細長い葉が出た。
今は鉢の影で水を切りひっそりとしています。
花が出たってことは少しは水をやった方が良いのでしょうか。正体も分かったことだし、良いBONSAIになるように頑張ります。

ところで背景はイスです。

20140712sanderiana.jpg
Macodes sanderiana

先日、山城で葉脈系ユーフォを買い込んでいた同僚がついに宝石蘭(ジュエルオーキッド)に目覚めました。
葉脈好きって必ず宝石蘭に行き着きますね。
そして国華園で入手したというマコデス・サンデリアーナを分けてくれたのが7月7日のこと。
いきなり別ジャンルの植物を栽培することになって緊張しています。

夜は風呂場でビンのフタを解放して、朝になったらベランダの棚下に置く、という風にしています。
週末になりやっと、どうやって育てたらいいのか調べています。
もしかしてビンを密封しなくても生きる?その場合一緒に付けてくれたミズゴケが死にそうですが…

金粉で葉脈を描いたかのように美しい。
葉色が濃くて、金色の葉脈。
上手くやれる自信がありませんが、また進捗を載せることが出来るようにしたいです。
スポンサーサイト

| 栽培記録 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アナカンプセロスの種まき

尋常じゃなく種が採れることで定評のあるアナカンプセロスの花が次々と咲く季節になった。



カラスモンタナ(Anacampseros karasmontana
5月24日
20140524カラスモンタナ

6月1日
20140601カラスモンタナ1
20140601カラスモンタナ2

去年も同じように花のアップを撮ってとくいげに載せていて行動パターンが同じ事にショックを受けた。
この後、種が大量に入ったさやになります。つぼみの数だけさやが採れます。



吹雪の松(Anacampseros rufescens
6月1日
20140601吹雪の松1
20140601吹雪の松

1月の国際多肉植物協会新年会で有志の方からいただいた吹雪の松。
植え替えで根を切ったため写真の頃にはまだ根が出ておらず、土の上に横たわっている状態。
まさか花が咲くとは思わず、ノーマークだった。
満開が見たかった。綺麗だったでしょうに!
アナカンにしては大きい、1mm弱の種が採れた。大量に。



レツーサ(Anacampseros retusa
6月14日
20140614レツーサ1
20140614レツーサ2

去年の今ごろは瀕死から少し復活したくらいの状態だったレツーサ。
当時はつぼみは付いたが花が咲かなかった。
やっと儚げな花を見ることができた。購入時から老株なのでもじゃもじゃ
かれは種も前2種程取れなかった。


6月29日
20140629アナカン

そして尋常じゃなく発芽することで定評のあるアナカンプセロスの種を蒔いたのが6月半ば頃。
今では上の写真よりも生え揃っている。
一番奥はレツーサ専用鉢です。発芽が少ない。多分株の管理の問題かと思います。

去年は、種というものは素人が蒔いても発芽するものじゃないだろうと思っていたので、てきとうにその辺の鉢に蒔いていました。
まさかあんなに発芽するなんて。
しかしそれらの鉢は、夏にメインで植わっているものに腐れが出るなどして土ごと処分してしまいました。
アナカンには悪いことをした。今年はごらんの通りです。

腰水用の半分に切ったペットボトルのかわりにあとでおしゃれ容器買って来ます。

| 栽培記録 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |