FC2ブログ

見切り発車。株分け

現在、多肉カテゴリ以外は記事移行作業中です。

2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

山城愛仙園 2014年新春大展示即売会

1月13日(月)
まいどの豊中。
新年大会の事もあって、ほしいものがあってもがまんしないといけません。
今回は鉢と土を購入予定です。(割引品を買わないのなら即売会ではなく通常時に行けばいいという事に今思い当たった。)

さまざまな紅葉が楽しめました。

20140113愛仙園-1
ロホホラ

20140113愛仙園-2
胡蝶の舞の花畑

20140113愛仙園-3
黄金色のアローディア……え、これって紅葉させて良いやつなの?

20140113愛仙園-4
茜色の奇想天外……え、これって紅葉させて良いやつなの?(2回目)

20140113愛仙園-5
気付くと足元のコケを尋常じゃない枚数撮っていた。

20140113愛仙園-6
新年大会の記事でも触れた「首」と同じ顔をしたエケベリアが愛仙園にもいっぱい。

20140113愛仙園-7
このドルステニアがまん丸で気になりすぎて、掘りかえして貰おうかどうか悩んだ。

20130629愛仙園の赤い卵
これだけ2013年6月撮影。
園主が無言で色札を示し「かえしてきなさい(´・_・)」と仰ったアドロミスクス属・赤い卵の見事な親株が、なんと今回バラで売りに出されていました。
うわあ欲しい欲しい

赤い卵が心残りだが鉢と土を持ち会計所に行く。
ところでこれはなんですか?

20140114購入品1

私 「これは静夜なんですか?」
園主 「静夜にしては白いなあ」
私 「まわりの似たやつには”静夜曙錦”の札が付いていました」
私 「斑なんですか?」
園主 「錦やったらたいへんやで。高いでー」
園主 「でもこれは斑ではないな」
園主 「まあとりあえず静夜ってことにしよう。育ったら顔が変わるかもしれんし」

20140114購入品2

静夜って事になった謎の静夜(?)も購入。
千円を超えたので、福引を引かせてくれました。
5等。昨年1月に初めて訪れた時は朧月の首をいただきました。今回はラインナップが豊富です。
あら、アドロミスクスがあるじゃないの!松虫いただきます。

20140114松虫

ひとつの欠片を会計所に持っていくと、「もう最後だからもっと持って行きなさい」とトレーに転がっている松虫の欠片をさらえて包んでくれました。
うれしくて、帰ってからベランダのあらゆる鉢に置きました。ところで松虫ではないのが混ざっている気が。
スポンサーサイト

| イベント、店舗訪問記 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

I.S.I.J. 新年大会 ~これであと一年は贅沢できないねスペシャル~

1月12日(日)
所用で東京方面に行く機会があったので、これ幸いと国際多肉植物協会の新年大会に参加してきました。
トゲ・マド・タマネギの画像は残念ながらありませんが、気になったものなどを撮ってきましたのでご覧ください。
また、初めての大きなイベントに興奮して乱筆がございます。ご容赦ください。

目当てはサルコカウロン・ペニクリナムと、格好いいグラキリス。
もとより出会える事は期待していない…ペニクリナムなど、今まで売っているところを見た事がありません。
しかしいつ出会っても良いように、軍資金はたくさん持っていこうと思います。

受付後、入場料1,000円(お弁当付き1,500円)と、ついでに次期会費を支払う。
そして目に飛び込んできた白い姿。

20140113ペニクリナム2
20140113ペニクリナム1
サルコカウロン属 ペニクリナム(Sarcocaulon peniculinum

うっうわああああああああああ

日本カクタス企画社の方からの言葉
「それは秋・春に育つ。
冬は屋内でしっかり日に当てる。あちこち動かしてはいけない。
葉が出てきたら水をやっても良い。外の風通しの良い涼しいところへ出す。」
「ずっと輸入されないから、もう残ってない。形は悪いが、大事にしてね」

まさか出会えるとは思っていなかったので、パニックになり「これ生きてるんですか?!」などと失礼な事を言ってしまう。
これを買うか買わないか、選択の余地はなかった。
無事に生き延びてくれますように…!

日本カクタス企画社では以下のようなエケベリアも販売していた。

20140112エケベリア

これは見た事がある……以前の東京行きの際に購入したエケベリアの首↓とそっくりだ。

20140113エケベリアsp

ちなみに首は、1ミリの根が出たまま2ヶ月動かなかったのですが、室内からベランダに放り出すと根を伸ばし始めました。
かれは何者だろう。


魅力的な展示品、販売品の数々

20140112ブーファン
おおきなブーファン(Boophane haemanthoides)足元にワインカップ(Crassula umbella 'Wine Cup')

20140112ラウイー様
群生のラウイー様(Echeveria lauii

20140112フランコイシー
新しいフランコイシー(Euphorbia francoisii

20140112ボタン
牡丹

20140112オブ
マド1

20140112ベヌスタ
マド2

20140112食虫
参考展示品の食虫植物。まだ見ぬ深淵が手招きをする。

20140112塊根
Dorstenia cuspidata?会場内で最も魅力的な物のひとつでした。
しまった!詳細をブースの人に聞けばよかった!
話によると、塊根の割れ目の奥まで真っ赤に染まっていたそうです。

そして最もエキサイトしたブース。

20140112グラキリス1
グラキリス / 象牙宮(Pachypodium rosulatum var. gracilis)
格好良い多肉の和名一位二位を争う象牙宮。
どっしりと構えた姿。ものすごく環境の良いところにいたのか、葉が生い茂っている。

20140112グラキリス2
うわあ、これ欲しい……!この肌色!しわ!形!

20140112パキプス
パキプス(Operculicarya pachypus
これの径4分の1程のものは時々見るけど、この横に巨大なパキプス!
店主曰く「樹齢200年くらいかなー」との事。

他にも大きく素晴らしいパキポや牡丹があって、次々と売れていく。

20140112グラキリス3
ああグラキリスが売られていく……

20140112パキプス2
パキプスも売られていく……

サボテンオークション日本の店主からの言葉
「維持するには特別な設備はなくていい。春から秋は雨の掛からない軒下へ。
冬は3℃を切らないところへ。」
「これは70、80年…100年くらいかなー」
「ま、完売したから帰るわ~(´ー`)」

そう、

20140114グラキリス
2枚目のグラキリスはうちの家主になりました。
14日(火)の夜着になるように送ってくださいました。夜撮影のため暗い。
今まで良い環境にいたと思うので、葉を落としてしまうかもしれませんね。


そうしているうちに、会場内ではセリ大会が始まる。
達者なしゃべりのカクタスニシの店主が借り出され、場を盛り上げる。
セリ品の中に真っ白い肌の牡丹をみつけ、これが出された時には参加してみようかしらと思う。

20140112青磁牡丹1

ニシ氏 「次は青磁牡丹っ」
ニシ氏 「これは綺麗やでぇ~まっちろ!それじゃ~1万からスタートっ!」

(どうしよう、1万二千…いや、今お財布の中にお金あったかな…)

ニシ氏 「1万~おらんな? はいニシ落札~ヽ(´▽`)ノ」

早っ

20140112青磁牡丹2

ああ良いなあ…


その他の購入品など

20140113オパリナ
オパリナ(Graptoveria 'Opalina')
突然ですが私はグラプトベリアが好きです。堀川カクタスのブースにて購入。

20140112コンロン
華やかだった錦玉園のブース。突然ですが私は黄色がかった赤が好きです。

20140113相和神
相和神
相府連×花和神とのこと。

新規入会者への苗のプレゼントがありました。
他の会員の方が余剰苗を提供してくださっているのでしょうか?あらゆる種類の鉢がずらりと並び、どれでもひとつ好きな物を選んで良いという事でした。

20140113入会記念品
ピグマエア?群卵?
ありがたくいただきます。
タネが出来たあとの殻が残っていたので、これで特定できるかも!

20140113入会記念品2

……翌日、山城愛仙園で見た群卵にはチレコドンらしい枯れたまま残っている花茎が。ピグマエアの花殻は確認できず。
というかこれアナカンプセロスの殻にそっくりなんだけどまさか。

ビンゴ大会では、景品を獲得できなかった人全員に参加賞がふるまわれました。

20140113ビンゴ景品
アナカンプセロス属 吹雪の松(Anacampseros rufescens
突然ですが私はアナカンが好きです。ありがたくいただきます。


そんな感じで、とりとめのないレポートを終わります。
また行きたいです。

| イベント、店舗訪問記 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014年 新年の挨拶

2014年
本年も、何とぞ宜しくお願い申し上げます。

20140101uma.jpg

多くのひとの『実家』にたいていあるといわれる花月(Crassula portulacea)。
我が家にももれなく、何十年も前から居る。

20131230実家1

ピンク。
花が開いたときには中央が赤く、日が経つにつれだんだん白っぽくなっていく。

20131230実家2

花茎がプラスチックの作り物のように真っ赤で美しい。最高。
園芸好きの祖母が大事に育てています。

その祖母に、おみやげでエケベリアspと月美人の葉を渡しました。
さっそく土に挿していました。

20131230実家3

(埋まりすぎているような気がするのでこの後ちょっとほじってみた)
どうぞ、今年も宜しく。

| 栽培記録 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |