FC2ブログ

見切り発車。株分け

現在、多肉カテゴリ以外は記事移行作業中です。

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

[大阪] Y&T The Facemelter Tour 2011

1月14日
ヤシの木が目印の梅田シャングリラにて、Y&T The Facemelter Tour 2011の大阪公演が行われた。

110114YT1.jpg

シャングリラはちょう狭いところです。
ステージから2メートルくらいの左寄り前方で待機。
開演前SEが途切れ、Highway to Hellが終わると同時に客電が落ちる。

110114YT3.jpg

あのイントロとともに逆光で登場。熱い物がこみ上げる。
以下、セットリストと照らし合わせて感想を書いていきます。
MCの位置などはあやふやです。

01 Prelude
02 On With The Show
03 Hard Times
04 Don't Wanna Lose

「おーさっかー!!!」
Y&Tはメニケッティのワンマンバンドというイメージだったので、怖い人なのかと思ったらまったく可愛いおっちゃんだった。
「この位置、下から風が来て髪がふわーってなる…ちょっと待ってね」(ギター調整中)
客「OK OK!!」
「うーん、おけぃおけぃ…」
なにせ、会場が狭いからマイクを通さなくても声が聞こえる。

05 Mean Streak
06 Lonely Side Of Town
07 Shine On

盟友、フィル・ケネモアがつい先週亡くなったことに言及。
「みんなでフィルの魂を呼んでくれ」「今、きっとこのへんに来てる」
会場「フィルー!!!」
08 If You Want Me
何かを求めるような声と手の動きに会場全体が悲しみに包まれる。
始まってからずっと笑顔全開だった他メンバーも、引き締めた表情。

だんだん笑顔が戻ってくる。
09 Lipstick & Leather

youtubeでミリオン再生した曲だよというようなことを言ってた。
10 I'm Coming Home

11 I Believe In You
12 Eyes Of A Stranger
13 Black Tiger

14 ドラムのマイクによるソロ
みな手拍子で盛り上がる。

15 Midnight in Tokyo
16 Blind Patriot
17 I'll Cry For You
18 Hurricane
19 Dirty Girl
20 Summertime Girls
21 Forever

会場「わいあんてぃ!わいあんてぃ!わいあんてぃ!」
すぐに戻ってくるメンバー。

~アンコール~
22 Rescue Me

「またここにもどってくるよ、ありがとう!」
皆と握手し、お辞儀をしてはけていくメンバー。
ダブルアンコールを求め沸く観客。
会場「わいあんてぃ!わいあんてぃ!わいあんてぃ!」

客電が点き明るくなる会場。片づけを始めるスタッフ。
会場「わいあんてぃ!わいあんてぃ!わいあんてぃ!」

ステージに貼ってあったセトリ紙をぽいぽい投げてよこすスタッフ。
会場「わいあんてぃ!わいあんてぃ!わいあんてぃ!」

スタッフ「(^ω^;)」
会場「わいあんてぃ!わいあんてぃ!わいあんてぃ!」

ギターのジョンがひょこっと戻ってくる。
時計を指し示し、「時間ないからごめんね!」みたいなジェスチャー
会場「わいあんてぃ!わいあんてぃ!わいあんてぃ!」

しばしスタッフと相談。
そしてメニケッティ達も出てくる。
それまで、ライブらしくなくゆったりした間隔で立っていた紳士達が一気に押し寄せる。
会場「うぉおおおおおおおおお!!!」

おお、本物のアンコールだ!!

23 Open Fire
24 Winds of Change

途中、メニとジョンが「さっきのアンコールで投げすぎてもうピックないww一個残ってたwww」みたいにして、それで演奏してた。
完全燃焼である。
このあとサイン会もして、明日は川崎公演がひかえているのに、ほんとうにありがとう。

おや、何かストールの結び目にささってると思ったら…

110114YT2.jpg

また日本に戻って来てね。待ってます。



** その他 **
・女性用Tシャツにはポスターとサイン会抽選券がついてなくて残念。
・整理番号はBグループだったが、会場に入ると30個しかないコインロッカーはまだ開いてた。みなさん軽装なのね。助かりました。
・途中で切れた開演前SEはJPのLiving After Midnightだった。
・代打のベーシストの動きがいちいちうっとおしいwww
・なんの曲だか忘れたが、あのギターに付いてる棒、あの棒なしで指の動きだけでふぁーん…ふぁーん…という美しい音色を出していたことに本当に驚愕した。これを生で聞くことができるなんて素晴らしい、本当に素晴らしいミュージシャンだ。一生子孫に語り継ぐわ…ってこんな説明で分かるか!!
・公演中、なぜか普通に前方のお婆様にジョンが可愛らしい封筒を渡していた。縁のある方なのかな。
次は、This Timeやってね!!!!
スポンサーサイト

| Y&T | 04:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |