FC2ブログ

見切り発車。株分け

現在、多肉カテゴリ以外は記事移行作業中です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

A. クリニタの花とか

アナカンプセロス・クリニタの花が夏の初めからちょいちょい咲いています。

20180829クリニタの花

20180829クリニタら
アナカンプセロス属 クリニタ / 茶傘(Anacampseros crinita

夫のクリニタ。
午後3時ごろから夕方にかけて咲きます。
アナカンは自家受粉でアホほど種が採れるくせに、クリニタは全く種ができません。
挿して増やしていきます。

20180829クリニタ
アナカンプセロス属 クリニタ / 茶傘(Anacampseros crinita

夏の強光に当てると焦げる。しかし当たっていないと伸びる。
私の方は伸ばしっぱなしにしているので汚いです。足元からどんどん新芽が出てきます。

20140707クリニタ

これらクリニタは2014年の夏に、夫が奈良の某所で買ってきてくれたものです。上記が当時の写真です。ここからちぎって挿しを繰り返し増え続けました。
私が多肉を始めたころは先っぽひとつが1000円で売られていて希少な高級品というイメージでした。


20180829ディフューサ
ロホホラ属 翠冠玉 / ディフューサ(Lophophora diffusa

先日記事にした、焦げてあわれな姿になったディフューサが早くも復活しつつあります。
き、汚い…


20180829カランコエテロ

おまけ
夫によるカランコエテロ。


スポンサーサイト

| 栽培記録 | 11:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

焦げアトロビリディス

夏至をピークにベランダには再び陽が射すようになります。
8月は7月よりも少しだけ日当たりが良い。
すると、なんだか焦げ焦げの植物がちらほら


20180809atroviridis.jpg
ユーフォルビア属 アトロビリディス(Euphorbia atroviridis

夫のタコ。
彼はタコが好きです。ある夜、大変だ!と鉢を持ってきました。
足も頭もコゲコゲになっています。

20180809atroviridis2.jpg

無事な足の一部が変な成長をしています。
タコの足って枝分かれするんでしょうか?

20180809atroviridis3.jpg

夫は「綴化もしくは生長点が焼けたせいで分岐したのかも」と言っています。
今後どうなるのか注視したほうがよさそうです。


20180803ハナキリン

おまけ
恵比寿大黒の上がハナキリンの乾かし場にされてた。


ところで前記事のアエルギノーサはもう根付いたそうです。
さすが成長期、早いですね。


| 栽培記録 | 14:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

へんな寄せ植えと焦げロホホラ

夫が「子吹きシンメトリカが根付いたぜ」と言うので見ると、火星人の鉢がへんな寄せ植えと化していた。

20180726へんな寄せ植え
フォッケア属 火星人(Fockea edulis

アエルギノーサが増えてる!
枝挿ししようとしているようです。


20180726アエルギノーサ

20180726アエルギノーサ2
ユーフォルビア属 アエルギノーサ(Euphorbia aeruginosa

夫のアエルギノーサ。
かつて山城で購入。肌が青白く刺が真っ赤でカッコいい。
お正月ごろ~2月くらいにかけて花がよく咲く。そして春以降どんどん枝が増えて大きくなっていく。縦横無尽に枝が増えていくので、邪魔になったところを枝差し用に切ったみたいです。
あまり直射日光に当てるのは良くないと、若干陰になるところに置いてあります。


20180726アエルギノーサ3

20180726アエルギノーサ4
ユーフォルビア属 アエルギノーサ(Euphorbia aeruginosa

対して私のアエルギノーサ。
比べると幹が3倍ほど太く、トゲとトゲの間隔が長い。そして赤いのは新芽だけ。
いつも足元からニョキニョキ生えてきて枝分かれしてくれない。
見た目は夫の方がカッコよくて好きです。
トゲが痛いので不用意に触れないようにベランダ最前列に置いています。よく夫に「直射日光当たりまくりじゃねーか」と突っ込まれます。でも元気です。


20180723白ランポ—
アストロフィツム属 白鸞鳳玉(Astrophytum coahuilense

2013年6月の購入記事以来の登場の白ランポ—。
いつもすりガラス越しに陽が当たる棚の二段目に置いてあります。
初めて花が咲いてました。薄黄色い花です。

そして視線をスライドさせると

20180726ディフューサ

ぎゃああ

20180726ディフューサ2
ロホホラ属 翠冠玉 / ディフューサ(Lophophora diffusa

これは完全にやってしまいました。日焼けです。
はじめ虫害かと思ったけど、焼け焦げてます。
2013年4月に姫路カクタスさんから購入、それ以来ずっと綺麗な緑のまんじゅうだったのに。やってしまったー


| 栽培記録 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケラリア・ピグマエアの花とか

7月半ば、ケラリア・ピグマエアが花を咲かせました。毎年この時期に咲きます。
1ミリほどの小さな小さな花です。

20180715ケラリアピグマエア花

20180715ケラリアピグマエア花2

20180715ケラリアピグマエア花3

20180723ケラリアピグマエア
ケラリア属 ピグマエア(Ceraria pygmaea

入手して4年、根っこ部分がかなり太りました。
現在は日の出から午前10時くらいまで陽が当たる環境にいます。
それ以上陽が当たるところには夏型塊根を置いているので場所がないだけですが…冬型なのでこんなものかね。それでも今夏は日光が強すぎて葉が焼けています。
年を追うごとに葉っぱが小さく丸くなっていってます。


20180704pterodiscus-ngamicus2.jpg

20180704pterodiscusngamicus.jpg
プテロディスクス属 ヌガミクス(Pterodiscus ngamicus)

夫のゴマ植物。
7月初旬に花が咲きました。何年も経つうちに太ってきました。
夏型で、冬場は葉が落ちて休眠しています。


20180710怪竜丸
ギムノカリキウム属 怪竜丸(Gymnocalycium bodenbenderianum

夫の怪竜丸。
7月初旬、2個目のつぼみは天気が悪いなか咲いていました。


20180713太平丸の花

20180714太平丸の花2
エキノカクタス属 太平丸(Echinocactus horizonthalonius

ゴージャスでいいねー


| 栽培記録 | 11:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりのベランダ・サボテン編

18日の地震後のベランダの状態です。

20180618地震後

阪神大震災の時(香川・震度4)より揺れが激しく、とっさに太郎を抱えたものの立ち上がることができませんでした。
世の震災体験者は大変だったろうなと実感として思っていたら、ほぼ震源地の山城からは即売会中止のお便りが届きました。
一日も早い復興をお祈りします。また土買いに行きます。


数か月ぶりのベランダ、サボテン編です。


20180617黒竜
プテロカクタス属 黒竜(Pterocactus tuberosus

夫の黒竜。
イモから太い枝が勢いよく生えている。これには驚きました。
2014年の秋に入手してから、初めて大規模な剪定が行われたのが3月のことです。

2017年12月20日
20171220黒竜

以前の黒竜。
入手時から手を入れていない姿。枯れ枝もくっついたままで、元々立派だったイモが見えない。

2018年3月15日
20180315黒竜

思いっきり剪定された黒竜。イモがむき出しになりました。
キズあとにはトップジンMペーストが塗られています。オレンジが目立ちます。
ベランダでU1さんが作業しているのを見てそんなに切り刻んで大丈夫なのかと心配していましたが……

2018年6月4日
20180604黒竜

それで正解だったようです。
帰ってきたらまるはげだった黒竜に太い枝がたくさん生えていました。

20180613黒竜の切れ端

剪定した細枝は土に挿していました。
枝挿しでも塊根ができるそうです。できるまでは日陰に置くそうです。


20180604怪竜丸
ギムノカリキウム属 怪竜丸(Gymnocalycium bodenbenderianum

夫の怪竜丸。
この写真を撮った6月初旬は曇り続きだったのと、5月~7月はベランダに満足に陽が入らないのとで、ついに咲くことなくつぼみが落ちてしまいました。残念。


20180612海王丸
ギムノカリキウム属 海王丸(Gymnocalycium denudatum

夫の海王丸。


20180611ルリ兜
アストロフィツム属 ルリ兜(Astrophytum asterias var. nudum)

夫のルリ兜。
ハオ等を置いてある2段目の棚で磨りガラス越しの光を浴びています。


20180613翠平丸
エキノカクタス属 翠平丸(Echinocactus horizonthalonius

大体似たようなピンク花の太平丸系だが個体差がある。これは花びらがシャギー。


20180622雷帝

20180622雷帝の花
エキノカクタス属 雷帝(Echinocactus horizonthalonius

夫の雷帝。
花びらの先が丸まってしまっている。終わりかけ?


20180630銀牡丹

20180630銀牡丹の花
ペレキフォラ属 銀牡丹(Pelecyphora strobiliformis

やたらと花ガラがついている。3月からずっと小さな花を咲かせまくっているようです。


これより下は怒涛のプナ・ボンニアエ祭りがはじまります。

6月11日
20180611プナボンニアエつぼみ
テフロカクタス属 ボンニアエ(Tephrocactus bonnieae
旧 / プナ属 ボンニアエ(Puna bonnieae

昨年は初めて一輪咲きました。今年はつぼみが付きまくりで期待が膨らみます。

6月14日・15日
20180614プナボンニアエ花上から

20180614プナボンニアエ花

20180614プナボンニアエ花横から2

20180614プナボンニアエ花横から

20180615プナボンニアエ横から

20180615プナボンニアエ花上から
テフロカクタス属 ボンニアエ(Tephrocactus bonnieae
旧 / プナ属 ボンニアエ(Puna bonnieae

大興奮です。
このブーケみたいになるのが見たくてずっと世話していたんです。
すごい!ネットで見る奴だ!興奮で写真が多くなります。

6月17日
20180617プナボンニアエ花おわり
テフロカクタス属 ボンニアエ(Tephrocactus bonnieae
旧 / プナ属 ボンニアエ(Puna bonnieae

花が終わっても綺麗。
今年は楽しみにしていた緋冠竜は花が終わってしまっていたし、一番楽しみだった豹頭は花芽がつかなかったしと残念なこともありましたが、これで満足です。
来年も見れますように!


| 栽培記録 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT