FC2ブログ

見切り発車。株分け

現在、多肉カテゴリ以外は記事移行作業中です。

≫ EDIT

気温が低くなってきました。紅葉してきたのとかいろいろ

荒れた初秋が過ぎ、天気が良い日が続いています。
これからもうひと生長してくれたらいいなと思っていたら、パキポやユーフォらが紅葉し始めました。

20181025紅葉

グラキリスは完全に黄色くなり葉を落とし始めました。残念なことに成長期は終わりです。横一列に並んだ同じ環境の別のグラキリスはまだ青々としていて謎です。

20181021紅葉

夫の恵比寿大黒も綺麗に紅葉しています。


20181024ポイゾニー?
ユーフォルビア属 ?

葉がハート形なのでポイゾニーかなと思われているやつ。
葉が下から枯れてきました。
幹の中腹に黒い横線があるのが見えますかね。そこから上が、うちに6年弱いる間に生長した部分です。

20181024ポイゾニーの足元のやつ

足元に生えている笹蟹みたいなもの。かれも順調に大きくなっています。


20181024アブデルクリ
ユーフォルビア属 アブデルクリ(Euphorbia abdelkuri

ちびちび大きくなっています。赤っぽい所が今年生長した部分です。


20181024プベスケンス
クラッスラ属 プベスケンス(Crassula pubescens

しょっちゅう記事にしているプベスケンス。また鉢いっぱいに広がってきました。
夏の間は直射日光が届くようで届かないところに置いていました。


20181024アメジスチヌム
グラプトペタルム属 アメジスチヌム(Graptopetalum amethystinum

夏の間、ハオルチアらと同じ棚の下に置かれてビロンビロンのあわれな姿になりました。
そのわりには綺麗なピンクになっています。

20170415アメジスチヌム
グラプトペタルム属 アメジスチヌム(Graptopetalum amethystinum

購入当初の2017年4月の写真です。宇治のサボテン展で購入しました。
こんなこと言ったらあれですけどパキフィツムを夏場にすぐ蒸らしてしまう人には良いですよね、見た目は似てるしグラプトだから丈夫だし。
しかしグラプトのなかでも繊細な方らしいので夏場にガンガン直射に当てるのはやめた方が良いみたいです。
うちのは伸びすぎなのでもうちょっと日光が必要です。


次は起床した植物たち。

20181021ペラルゴ
ペラルゴニウム属 トリアンドラム(Pelargonium triandrum

夫のペラルゴ。
夏場は完全に枯れた風体で、こんなに小さいし、二人とも枯れたものと思い込んでいました。それが涼しくなったとたんに葉を出し始めました。生きてるんじゃん!
こういうのがあるので塊根系は枯れたと思っても捨てられない。
夫はペラルゴが好きです。「ただの草じゃねーか」といつも毒づいてますがちょいちょい買ってくるので好きなんだと思います。


20181021ユーフォルビオイデス

20181021ユーフォルビオイデス2

20181024ユーフォルビオイデス
オトンナ属 ユーフォルビオイデス(Othonna euphorbioides

夫のユーフォルビオイデス。
いつもは葉から目覚めるのに花から出てきました。


次は2014年の秋に購入してから初めて開花したリトープスの光陽玉です。

10月21日
20181021光陽玉

10月24日
20181024光陽玉

10月25日
20181025光陽玉

同日16時ごろ
20181025光陽玉2

20181025光陽玉3

20181025光陽玉4
リトープス属 日輪玉系 光陽玉 (Lithops aucampiae var. euniceae)

朝からは咲かないんですね。午後3時~5時ごろに咲いていました。
夫が水やりを代行してくれていて、私よりもふっくらと育ててくれているのでそれで開花したのかもしれないと思っています。


スポンサーサイト

| 栽培記録 | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

焦げアトロビリディス

夏至をピークにベランダには再び陽が射すようになります。
8月は7月よりも少しだけ日当たりが良い。
すると、なんだか焦げ焦げの植物がちらほら


20180809atroviridis.jpg
ユーフォルビア属 アトロビリディス(Euphorbia atroviridis

夫のタコ。
彼はタコが好きです。ある夜、大変だ!と鉢を持ってきました。
足も頭もコゲコゲになっています。

20180809atroviridis2.jpg

無事な足の一部が変な成長をしています。
タコの足って枝分かれするんでしょうか?

20180809atroviridis3.jpg

夫は「綴化もしくは生長点が焼けたせいで分岐したのかも」と言っています。
今後どうなるのか注視したほうがよさそうです。


20180803ハナキリン

おまけ
恵比寿大黒の上がハナキリンの乾かし場にされてた。


ところで前記事のアエルギノーサはもう根付いたそうです。
さすが成長期、早いですね。


| 栽培記録 | 14:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

へんな寄せ植えと焦げロホホラ

夫が「子吹きシンメトリカが根付いたぜ」と言うので見ると、火星人の鉢がへんな寄せ植えと化していた。

20180726へんな寄せ植え
フォッケア属 火星人(Fockea edulis

アエルギノーサが増えてる!
枝挿ししようとしているようです。


20180726アエルギノーサ

20180726アエルギノーサ2
ユーフォルビア属 アエルギノーサ(Euphorbia aeruginosa

夫のアエルギノーサ。
かつて山城で購入。肌が青白く刺が真っ赤でカッコいい。
お正月ごろ~2月くらいにかけて花がよく咲く。そして春以降どんどん枝が増えて大きくなっていく。縦横無尽に枝が増えていくので、邪魔になったところを枝差し用に切ったみたいです。
あまり直射日光に当てるのは良くないと、若干陰になるところに置いてあります。


20180726アエルギノーサ3

20180726アエルギノーサ4
ユーフォルビア属 アエルギノーサ(Euphorbia aeruginosa

対して私のアエルギノーサ。
比べると幹が3倍ほど太く、トゲとトゲの間隔が長い。そして赤いのは新芽だけ。
いつも足元からニョキニョキ生えてきて枝分かれしてくれない。
見た目は夫の方がカッコよくて好きです。
トゲが痛いので不用意に触れないようにベランダ最前列に置いています。よく夫に「直射日光当たりまくりじゃねーか」と突っ込まれます。でも元気です。


20180723白ランポ—
アストロフィツム属 白鸞鳳玉(Astrophytum coahuilense

2013年6月の購入記事以来の登場の白ランポ—。
いつもすりガラス越しに陽が当たる棚の二段目に置いてあります。
初めて花が咲いてました。薄黄色い花です。

そして視線をスライドさせると

20180726ディフューサ

ぎゃああ

20180726ディフューサ2
ロホホラ属 翠冠玉 / ディフューサ(Lophophora diffusa

これは完全にやってしまいました。日焼けです。
はじめ虫害かと思ったけど、焼け焦げてます。
2013年4月に姫路カクタスさんから購入、それ以来ずっと綺麗な緑のまんじゅうだったのに。やってしまったー


| 栽培記録 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰ってきました。久しぶりのベランダ・多肉編

2ヵ月と少しのあいだ香川の実家におりましたが、5月末に奈良へ戻ってまいりました。
久しぶりにベランダの植物たちと再会です。


20180611グラキリス
パキポディウム属 グラキリス / 象牙宮(Pachypodium rosulatum var. gracilis)

真っ先に花盛りのグラキリスが迎えてくれました。
2014年1月に購入してから何度も植え替えよう植え替えようと思うんですが今年もやってないです。
植え替え用に買った国華園の菊鉢は2年放置されている。


20180617パキプス
オペルクリカリア属 パキプス(Operculicarya pachypus

エンゲージパキプス。
帰還した5月末にはちょびちょびと生えていた葉はあっという間に生い茂りました。

20180611パキプスの花

そして6月、花が咲きました。3mmほどの小さな花です。

夫がどこかのSNSで同じように「エンゲージオペルクリカリア」と発言している人を見つけたそうです。その方はデカリーだったそうです。
仲間いた!


20180611火星人と仔吹シンメトリカ
フォッケア属 火星人(Fockea edulis

夫の火星人。
数年前にホームセンターで購入していたものです。わりとすぐ大きく太るようです。
空いたスペースにもぎ取られた子吹シンメトリカが転がされていました。


20180612仔吹シンメトリカ
ユーフォルビア属 子吹シンメトリカ(Euphorbia obesa subsp. symmetrica)

夫の子吹シンメトリカ。
火星人の鉢に転がされている子らの親株です。この株からどんどんもいでいるようです。
本体からブチっとちぎって土にさすだけで増えていきます。


20180612ポイゾニー?
ユーフォルビア属 ?

ユニスピナの札で購入したこれも葉が茂っています。
刺がないのにユニスピナで合っているのかどうかずっと悩んでいましたが、I.S.I.J. Newsletterの228号(2017年12月号)にユニスピナ・ポイゾニー・ベネニフィカの見分け方が載っていました。
葉っぱがハート形なのはポイゾニーというお話です。


20180604プリムリフォリア
ユーフォルビア属 プリムリフォリア(Euphorbia primulifolia

薄ピンクの花がすごくかわいいので毎年楽しみにしているのに今年は見逃しました。
すでに花は終わり、葉が生えています。
プリムリは毎年アカダニにたかられて葉を黄色くするので、その時はベニカXファインスプレーを吹きかけます。

また鉢上のスペースが乾かし場にされてる!と思ったら、このウチワ、側面から根を出して根付いていました。
どうしよう。このまま育てるの?


20180617ゴットレベイ
ユーフォルビア属 ゴットレベイ(Euphorbia gottlebei

夫のゴットレベイ。
赤い花が咲いています。


20180617フランコイシー

20180617フランコイシー2
ユーフォルビア属 フランコイシー(Euphorbia francoisii

夫のフランコイシー。
ささやかな花(ではなくガク)が多いこの系統では派手でかわいいです。


20180607ディコトマ
アロエ属 ディコトマ(Aloe dichotoma

夫のディコトマ。
2年前の姿→これ
植木屋21さんで購入して3年、昨年末からやたら枝分かれしてきました。
背も高く太くなった。


20180607光陽玉
リトープス属 日輪玉系 光陽玉 (Lithops aucampiae var. euniceae)

うちにある唯一のリトープス。
私が不在の間、夫がすべての水やりを代行してくれていました。
そのためいつもと生長具合が違う鉢が多々あり、特に光陽玉は今まで見たことないほどふっくらしていて驚きました。
今までずっとぺたんこだったんです。水やらなさすぎでしたね。



不在の間、夫の協力によりベランダの私の植物は(私が育てるより)元気に保ってくれていました。
ほかにも、鶴見や草津のサボテン展で撮った写真を大量に送信してきてくれたり、帰還した今も水やりを代わってくれたりしています。ありがたいです。


20180503たろう


長期不在にしていたのは上記のような理由からです。

これからしばらく植物園や植物イベントはともかく、ライブの方はお預けです。
5月にBeast in Black初来日とか、8月にEvoken fest 2018でDerdian再来日とか、B'z30周年でベスト選曲ツアーとか、もういろいろ…いろいろある年なんですけど、太郎の顔を見てたらまあいいかなと思った。

いまだに自分の植物の世話もままならない感じではあるのですが、まわりに支えてもらいながら貴重な瞬間とともに日々を送っています。


| 栽培記録 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部屋に取り込んだ飛竜とポイゾニーのようなやつ

夜間寒いです。
しばらくイモ類は夜間は部屋に取り込んで日中は外に出すスタイルで行きます。
この季節から春先まで、日中は部屋の中に十分陽の光が差し込むので別に外に出さなくてもいいのですが、とりあえず風に当てておこうという気分です。


20171128飛竜

20171128飛竜2
ユーフォルビア属 飛竜(Euphorbia stellata

7月ごろから生え始めた新葉が短くていい感じです。
今夏は鉢底が湾曲してぐらぐらするほど生長してくれました。
昨年以前のビローンとした葉は、来春に切って挿してみようかと思います。


6月4日
20170604ポイゾニー?

9月22日
20170922ポイゾニー?

11月26日
20171126ポイゾニー?
ユーフォルビア属 ポイゾニーのようなやつ

ユニスピナだかベネニフィカだかポイゾニーだか。
太陽の方向に葉がなびき気味です。順調に上へ生長する以外は枝分かれなどの動きなし。
で、上記の3枚の写真をよくみると足元になんか生えてるんです。

これ

20171128ポイゾニー?の足元

なんでしょうかね、笹蟹かな?
最近の寒さで赤黒くなって気の毒な感じです。

4月15日
20170415ポイゾニー?の足元

存在に気付いたころの写真。
フォエチダとカランコエ以外のものが勝手に生えてくるのは珍しいのでちょっと大事にしています。


カメラのレンズを新たに購入したのでオートフォーカスが復活しました。便利ね。
植物にはあまり関係ないと思いきや、これでサボテン展でも周囲を気にせずササッと撮れるようになりましたし、結婚式のおよばれとか、あと大きなイベントも控えてますので買って良かったです。



| 栽培記録 | 18:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT