FC2ブログ

見切り発車。株分け

現在、多肉カテゴリ以外は記事移行作業中です。

≫ EDIT

植え替え作業中

春めいてきました。夜間も氷点下までは下がらなくなりました。
ここ2年程植え替えをさぼっていたので、2月~3月でできるだけ植え替えしていきます。急ごう急ごう。

20180223植え替え

生長の早いベンケイソウ科は首をちょん切って若返らせます。
レノフィルム・テキサナムみたいな増えすぎる小さい多肉は土に混じって取り出しづらいので、もうサルベージできるやつだけ拾ってます。
メネデール溶液に漬けてます。乾かしてから土にさします。
この後サボテンや塊根類に順次取り掛かるつもりです。


ほか

20180223光陽玉
リトープス属 日輪玉系 光陽玉 (Lithops aucampiae var. euniceae

うちにある唯一のリトープス。脱皮が始まりました。
分頭はしないものの一回りずつ大きくなっていっている。
いつも春を待って水をやろうとしたら脱皮が始まっていて、水をやれずシワシワのまま脱皮を進行させていたので、今年は2月中に一度水をやってみました。
おかげでふっくらした姿で葉の入れ替わりにいどめます。


20180226ラビエイ

20180226ラビエイ花
フィロボルス属 ラビエイ (Phyllobolus rabiei)

咲きました。ブラシみたいな花。しべが見えない。
この手のはいつも夏にダメにしてしまいがちなので慎重に行きます。
追記……8日間咲いていました。



スポンサーサイト

| 栽培記録 | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魔の外壁修繕工事終了!

引っ越し後にようやくベランダのフォーメーションを組み終えたと思ったら始まった外壁修繕工事。
やっっと終わりました。
小規模の共同住宅のためひと月半程度で終わりましたが、やはりベランダを空にする必要があり部屋の中はもうわやでした。

2016年7月6日
20160706部屋の中

日中は植物育成用LED3台を照射していたものの足りるわけがなく、ベンケイソウ科はここぞとばかりに徒長祭り。
見た目には出ないけど他の株もいろいろ弱っているはず。いやだわ。
しかも外壁修繕って元の色を塗りなおすと思うでしょう。白かった壁がなぜか黄色になり住人は大困惑。以前住んでいた部屋のベランダが茶ピンクのペンキだったので今の白いベランダを気に入っていたのにどうしたことか。


2016年8月3日
20160803太平丸の花
20160803太平丸の花2
エキノカクタス属 太平丸(Echinocactus horizonthalonius

鮮やかなピンクの花。花の寿命は2日弱。
横腹が汚くなりました…


2016年8月23日
20160823バルクテンシス花
コピアポア属 ヒポガエア ver.バルクテンシス

また咲いているが花が変。花びらにピンクの縦筋が入っている。
5月の花には無かったはず。ストレスか何かか。


2016年8月24日
20160824火星人20160824火星人の花
フォッケア属 火星人(Fockea edulis

夫の火星人。
ホームセンターから買ってきたカクタス長田ものです。
1年ちょっとでぐんぐん大きくなり、いまでは高さ20cmの鉢に入っています。
ガッチリ埋めているけど火星人は塊根を出しても問題なく成長するらしい。えー
雌雄異体、この花はどっち?


2016年8月22日
20160822プナ
テフロカクタス属 ボンニアエ(Tephrocactus bonnieae
旧 / プナ属 ボンニアエ(Puna bonnieae

前回の記事で、出てきた新芽は徒長。どんなに育成ライトを当てても屋内は難しいですね。
その後ベランダに戻すとちゃんと丸い新芽が生えてきた!
良かった良かった。


| 栽培記録 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月のベランダ

7月半ばのベランダの様子。

2016年7月15日
20160715ラウイー

ラウイー様がきれいな状態を保っている。
スマロがきもい。
背後の黒竜が今の季節、なぜか元気そう。



先日(6/24~27)行われた、山城愛仙園の春夏期大展示即売会で購入したものの紹介です。


20160715眠り布袋
ゲラルダンサス属 眠り布袋(Gerrardanthus macrorhizus

なかなか見ないと思ったら、可愛いサイズがたくさん入荷していたので購入しました。
塊根サイズは5cm強あります。
写真を撮った時はちょっとしぼんでいる気がする。水はたくさんやった方が良い系のイモ。
目指せ鏡モチ。


20160715エリナケア
アロエ属 エリナケア(Aloe erinacea

高さ4cm。透明なノギが綺麗です。
成長するとこれが赤黒くゴツくなり幹立ちして超格好良くなるそうです。
夫のです。(お金を出した方が水やりをする事になっている。)


山城で使われるようになったこの黒い四角いスリムな鉢、恰好良いですね。札を挿すところもあるし。
オマケで大中小5個ずつを配布していました。
オマケのラインナップにはなぜか食虫植物もあった。



遅い起床の2者。


20160715ポイゾニー?
ユーフォルビア属 ポイゾニーのようなやつ

ユニスピナの名で購入した、トゲが全くないのでポイゾニーのような気もするやつ。
6月の初旬に葉を出し始め、かなり展開してきたので水をやりました。
例年より遅いです。
朝日が安定して射していた大阪市内住みの時はどんな季節にも躊躇なく水をやっていたんですが、南東向きに引っ越してからは日が高くベランダにほとんど陽が射さない状態で、警戒しながら水をやっています。


20160715エキヌラツム
ムナデニウム属 エキヌラツム(Monadenium echinulatum

花が終わる頃に茎を切って数か月。やっと次の芽が生えてきました。
こいつも遅かったな!
冬から水を一切やっていないので、かなりしぼんでいます。水も肥料もこれからたっぷりやります。



以下はユーフォルビアの花々です。


20160715デカリー?花20160715デカリー?
ユーフォルビア属 謎のタコ

シリンドリフォリアの名前で購入したもののどうも葉の形が違うタコ。
長い間デカリーかもしれないと思ってたけど、今となっては分からない。
花盛りです。
ところでこの辺はやたらとクモが多い。気を抜くとそこらに網をかけられている。


20160715デカリー花20160715デカリー
ユーフォルビア属 デカリー(Euphorbia decaryi

夫のデカリー。
これは正真正銘のデカリー。札から察するに奈良の某所で購入したもの。
これ系の花はシックで好きです。


20160715フランコイシー花20160715フランコイシー
ユーフォルビア属 フランコイシー(Euphorbia francoisii

夫のフランコイシー。
イモが大きくてうらやましい。

20160715フランコイシー2

葉っぱは特に模様無し。


梅雨が終わりました。
今年は晴れ間が全く見えずかなり不安のある梅雨でした。
しかし聞くところによると、香川は例のごとく雨がほとんど降らなかったらしいです。
いいわねー

| 栽培記録 | 15:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラック完成 あと阿修羅の花とか

5月ごろより日が高くなり、ベランダの奥まで光が届かない。
手すり側にy軸へのシステム構築が急務。

ということで、我らがルミナスにパーツを注文しました。
会員登録していればサイズを間違えて購入した際、開封済みでも交換してくれる。
良いね!

2016年6月1日
20160601ベランダ
20160601ベランダ2

床がすっきりしました。
これで足元の鉢を蹴っ飛ばさずに済みます。


20160606グラキリス
パキポディウム属 グラキリス / 象牙宮(Pachypodium rosulatum var. gracilis)

奥にいるグラキリス。
最近気づくと、後ろの太平丸の強靭なトゲが2本ぶっ刺さっていた。
ラックに移動させたときに刺さったのかしら。傷口から腐れたらいやだわと思っていたけど乾きました。
様々なパキポが花盛りです。



花の写真です。

2016年6月8日
20160608阿修羅 
20160608阿修羅花20160608阿修羅花2
フェルニア属 阿修羅(Huernia pillansii

3cm程度の花が咲きました。
阿修羅本体は、今年の草津市立 水生植物公園みずの森のサボテン展で購入しました。
水が好きだそうです。
購入時、生育旺盛なのですぐに植え替えたほうが良いとアドバイスをいただきその通りにしたところ、現在じゃんじゃん仔が出ています。


20160608海王丸20160608海王丸花20160608海王丸花2
ギムノカリキウム属 海王丸(Gymnocalycium denudatum

夫の海王丸。
清楚な花が咲きました。かなり長い期間、日中に開いていました。


2016年6月11日
20160611バッテリー花
ギムノカリキウム属 バッテリー(Gymnocalycium vatteri

夫のバッテリー。
咲き始めたころに曇り続きで、ついに満開にはならなかった。
花の中央が紫色で美しい。


20160611フロリアノポリス花20160611フロリアノポリス花220160611フロリアノポリス
シンニンギア属 ブラータ(Sinningia bullata

フロリアノポリスの名で購入。
芋部分は、購入時よりΦ1cmは大きくなった。
購入後はじめて花が咲きました。



20160611室外機

乾かし場と化した室外機。
引っ越し時の振動により植物が機嫌を損ねているのではないかと思い、今年の春は植え替えをしなかった私の植物より、大胆に植え替えられた夫の植物のほうが調子がよさそう。
写真下のビスピノーサムは頭の先が腐れていた……だめみたいですね……

| 栽培記録 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

引っ越し後のベランダの様子。花とか

こんにちは
前記事までは、大阪市内・東向きベランダでの栽培記録をお伝えしてきましたが、これからは奈良県北部・南東向きベランダでの栽培記録となります。
奈良は大阪よりも朝夕がずいぶん冷え込むので、ベランダの植物にも影響がでるでしょうか。

4月半ばに引っ越しが完了したものの、主に、PCを新調したら旧PC(XP)でフォーマットした3TBのHDD(2000年以降の各種思い出入り)がWin10でRAWと化し怒りのバックアップ作業が数週間に渡り行われたため、前記事から間が開いてしまいました。

2016年4月3日
20160403ベランダの様子 
(搬入直後の様子。この後段ボールがつぶれ、悲惨な事態に。)

以下、ここ最近のベランダの様子です。





2016年4月10日
20160410ミグイルティヌス 
プセウドリトス属 ミグイルティヌス(Pseudolithos migiurtinus

腐りました。
2014年秋に復活してから、順調に生きていました。
この春も水を吸って膨らんでいたのですが、水やりの間隔が短かったか。いつもひと月以上は間を開けて水をやるのに、2週間程度で次の水をやってしまいました。
思い当たる理由としてはそれくらいでしょうか。
悲しいなあ。





2016年4月22日
20160422グラキリス
パキポディウム属 グラキリス / 象牙宮(Pachypodium rosulatum var. gracilis)

順調に咲いています。
ところで足元に転がるコーデックスの半分は同居人の持ち物です。
引っ越しにより、ベランダの植物の量が倍以上になりました。
いままで友人とか同僚とか同行者とかいった呼び名で登場していましたが、これからは同居人とか夫とかいった形で登場することに(彼の植物が)なると思います。たぶん?





サボテンの花です。
次々と咲きます。

2016年5月4日
20160504ヒポガエア
20160507ヒポガエア
コピアポア属 ヒポガエア ver.バルクテンシス

草津市立 水生植物公園みずの森のサボテン展で購入したバルクテンシス。
購入時からつぼみが大量についていました。
咲くわ咲くわ。そして一つの花の寿命が数日間にわたります。
朝7時半には開いています。


20160504カルメナエ
マミラリア属 カルメナエ(Mammillaria carmenae

夫のカルメナエ。
あまり朝早くには咲いていない。


2016年5月15日
20160515雷帝1
20160515雷帝2
エキノカクタス属 雷帝(Echinocactus horizonthalonius

夫の雷帝。かっこいい。
朝早くには咲かないうえに、花は2日弱しか持たない。会社員泣かせ。


20160514豹頭1
20160515豹頭2
エリシケ属 豹頭(Eriosyce napina

昨年は一花のみだったのに、3花咲いてくれました!
一つの花が開いたり閉じたりしながら、1週間近く持ちます。
朝7時半には咲いています。色は下の写真のほうが近い。





ほか、ベランダの様子。

20160507ディコトマ 20160515ディコトマ
アロエ属 ディコトマ(Aloe dichotoma

夫のディコトマ。
昨年、植木屋21さんで購入したもの。成長著しく、購入時の鉢がひどくぎちぎちになっていた。
極太い根が渦を巻いている。
札には「ユリ科アロエでは最大級」と書かれている。
まだ整理されていない混沌としたベランダで植え替え作業が行われた。


20160507スマロ
シノクラッスラ属 スマロ(四馬路)/ユンナネンシス(Sinocrassula yunnanensis

なんか伸びた。
このままひと月近く現在でも動きがないため、花芽ではなさそう。





ユーフォルビアの花です。

2016年5月15日
20160515プリムリフォリア 
ユーフォルビア属 プリムリフォリア(Euphorbia primulifolia

ピンクの花が咲いています。
葉が出るのはもっと暑くなってからです。


20160515イトレメンシス120160515イトレメンシス2
ユーフォルビア属 イトレメンシス(Euphorbia itremensis

ピンクがかった白い花が咲いています。
花ではなくガクです。とはいえユーフォの中では花っぽいほうだと思う。
幹をもっと埋めないといけません。来年の植え替え時でいいかね。


20160515ラバティ1 20160515ラバティ2
ユーフォルビア属 ラバティ(グリーンリーフ)?

夫のラバティ。
ニョロッとしています。アジサイチックでいかにもガクらしい。
札はラバティなんですが、夫はユーフォルビア・クレメルシーではないか?と疑っています。





以上です。
今週末には注文していたルミナスラックが届くので、ベランダの景観がこましになるかと思います。
サボテンも多肉もつぼみがたくさん控えています。
楽しみです。

| 栽培記録 | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT