FC2ブログ

見切り発車。株分け

現在、多肉カテゴリ以外は記事移行作業中です。

≫ EDIT

サルコカウロン(モンソニア)ら 花とか

サルコカウロン属(モンソニア属)
秋になり目覚めた様子のはなしです。

今年の夏はロホホラや牡丹を置いている2段目の棚に置き、直射日光をしのいでいました。
風通しが良いので扇風機は使わず。
9月に山城に遊びに行くと、ハウスの端っこで直射日光と風をガンガンに浴びて葉をふさふささせていました。
私のサルコらは夏前に葉を落としたので、水を切り直射を避けていましたが、うまくやると夏場も葉を落とさないし潅水しても大丈夫です。
その方が植物にとって良いと思います。


2016年9月5日
20160905ペニクリナム
サルコカウロン属 ペニクリナム(Sarcocaulon peniculinum)(現・Monsonia peniculinum)

20160908ヘレー
サルコカウロン属 ヘレー(Sarcocaulon herrei)(現・Monsonia herrei)

そろそろだなと思いジャッと水をやると次の日にはピュッと生えました。


2016年10月20日
20161020ヘレーつぼみ

するとヘレーにつぼみが。

20161021ヘレー花
20161021ヘレー花2

翌日、花が咲きました。
ティッシュのようなピラピラした花びらです。
花は1週間ほど楽しむことができました。


2016年11月10日
20161110ヘレーとムルチ

ヘレーとムルチフィヅム(Sarcocaulon multifidum)(現・Monsonia multifida)
ものすごく気になっている点があります。
ムルチフィヅムの半分から葉が出ないのです。
何かの病気にかかり維管束がダメになったのかとか考えましたが枝を切る勇気が出ません。

20161110ペニクリナム

ペニクリナムのほうは、昨年の記事を見返したところかすかに大きくなったようななってないような?
陽光が射す方へ毛が傾いています。



おまけ

20161121ユーフォルビオイデス
20161121ユーフォルビオイデス2
オトンナ属 ユーフォルビオイデス(Othonna euphorbioides

U1さんのユーフォルビオイデス。
夏の間から秋にかけてちょっとずつ少量の水を吹きかけて様子を見ていたようですが、一向に起きない。
まさか死んでしまったのではと焦りながら植え替えると、間もなく葉が生えてきました。
よかったよかった。植え替え大事!



スポンサーサイト

| 栽培記録 | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サルコカウロン(モンソニア)生い茂る

すごかったですね!あのオークション!
何にいちばんエキサイトしたかって、実生25年であの風貌って事です。
「日本では現地採取株のようにはならない、貧弱でヒョロヒョロ成長する」というテキストを読む機会が、皆様いちどはあったかと思います。
でも、日本でもああいった株に成長させることが可能ということが分かりました。凄く希望が湧きますね!
これ


以下は、うちのサルコカウロン(モンソニア)です。


サルコカウロン属 ムルチフィヅム(Sarcocaulon multifidum
現・Monsonia multifida

20151004ムルチフィヅム

8月の間、葉を落として黒い棒になっていました。そして陽光に晒されていました。
7月以降の水やりは2回。水をやるとすぐに葉が生い茂ります。


サルコカウロン属 ペニクリナム(Sarcocaulon peniculinum
現・Monsonia peniculinum

20151004ペニクリナム

扇風機は9月の始めに外しました。
遮光は続けていますが、もう要らないかなという気がする。
こちらも、7月以降の水やりは2回。多いか少ないかは不明。
空中湿度が高い時には真緑になっているので、勝手に吸ってると思います。
ムルチは様子が変わらないので分からないです。

| 栽培記録 | 00:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペニクリナムが起きてしまった。ベランダに扇風機設置

サルコカウロン・ペニクリナム(モンソニア・ペニクリナム)

4月終盤に葉が全て落ち、豆のようになりました。
その後水を切る。
ガン黒ムルチフィヅムに対し、ペニクリナムは本当に白い。しかし空中湿度が高い日は真緑になり、焦る。
あれはなんでしょうか。皮が湿気を吸ってるんでしょうか。
先日の台風で強風が吹き荒れたとき、すぐに乾きそうだと思い水をやりました。
数日後の7月24日(金)、帰宅して様子を見ると起きてしまっていた!

20150727ペニクリナム

あわてて蛍の光が流れるジョーシンに駆け込み、扇風機を購入。
ルミナスの脚に装着。

20150725ベランダに扇風機

この夏の間、そこでぐるぐるしていてください。
配置換えをして、ケラリア・ピグマエア、チレコのペアルソニー、クラッスラ・プベスケンス、メセン、毎年夏に死ぬイメージの乙女心のような大型セダムや静夜を風の恩恵を受ける所に持ってきた。
しかしいきなり夏真っ盛りの天気になりましたね。

| 栽培記録 | 23:46 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サルコカウロン・ペニクリナム、他

サルコカウロン・ペニクリナム

貴重な赤サンゴが中国により乱獲されている。1年に0.3ミリしか成長しない。多肉植物も現地で不法に掘られている。サンゴ同様、0.1ミリしか1年で成長しない冬型のペラルゴニューム・ミラビレやサルコ・ペニクリナムなどは陸のサンゴである。日本でつくると、これらは枝が細くなり、姿が乱れる。もう購入はしないよう願いたい。もしすでにお持ちなら、光・風にあて、置物のように水をほとんど与えず保持してほしい。比較的に普及しているチレコドン万物想もこのように。このような冬型種はメセン類も含めて、温室のある方は日中は窓を開け放って堅くつくりたい。無い方でベランダで作っている方は、-2-3℃は大丈夫なので、陽の当たるひさしのある南側で冬を過ごさせる。

I.S.I.J.会誌192号より引用

貴重な情報を知りました。入会してよかった。
私の所持するものは、2月半ば雪が降った際に驚いて部屋に取り込みましたがかえって葉が枯れることになった。
外に出すと3箇所から新しい毛のような葉が。安心しました。

20150223ペニクリナム

かれは実生何年か不明と聞いたのですがこの大きさでも相当な年月が経っているようです。
ところで最近、学名を併記するのは検索エンジンの邪魔になるんじゃないかと思い始めたんですがどうしましょうか。



話変わって。梅が咲きました。
へんですね、1年前近所のライフで買ったときはもっと枝振りがよかったんですが。切りすぎましたかね。

20150223ume.jpg

1年前の出荷直後はたいへん状態がよく1月早々に美しく満開になりましたが、ペニクリナム死亡のショックでそれどころではありませんでした。

20150223オパリナ
オパリナ(Graptoveria 'Opalina')

つねに成長しているオパリナ。鉢増ししなければ大きくならないということなないんでしょうか。
ここにきてやっとオパリナらしい色になってきた。

20150215プベスケンス
プベスケンス(Crassula pubescens

先日山城に遊びに行った際、ハオルチアコーナーで見たプベスケンスが盛り上がりを見せる鉢。

ハオルチアコーナーは盗難があまりにも多いため園主に一声かけて入る仕様に変更になったそうです。
周知したところで盗難をはたらくような輩に打撃はないだろうが、そういう輩が存在するということをよいこの皆さんは知っておきましょう。

| 栽培記録 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サルコカウロン・ペニクリナムの死亡理由と山城愛仙園2014年秋期大展示即売会

サルコカウロン属 ペニクリナム(Sarcocaulon peniculinum
(現在はMonsonia peniculinumになっているらしい)

2014年1月のI.S.I.J. 新年大会であれほど大はしゃぎして購入したサルコカウロン・ペニクリナム。
残念ながら10日後には腐らせています。
当時原因には思い当たっていましたが、もう日本には入らないかもしれないような貴重な株を駄目にしたことがショックで記録していませんでした。
この株を譲ってくださった日本カクタス企画社には本当に申し訳が立ちません。

1月25日の写真
20140125ペニクリナム

黒いムルチフィヅム(Sarcocaulon multifidum)に対し、ペニクリナムは真っ白。
写真は駄目にしたあとの切り口。完全に腐れている。

購入時は水に濡れていた。
置き場所は東向きの光が当たる窓際。カーテンなどの遮光は無し。ガラスのみ。
日中は上から赤青のLEDを照射。
パキポディウム、ユーフォルビア、サボテン等のためにアルミ板で囲い、窓から入るわずかな陽光が反射されるようにしていた。
窓はベランダへの出入りのために1日に5分開ける程度。
この状態で煮えて腐りました。
外に置いて風に当てていれば違った結果があったかも知れません。

サルコカウロン・ペニクリナムは育て方を解説している各サイトによると

>非常な強風と太陽の下で育つ
>長期濡れた状態を嫌う
>ライトシェードを好む

『非常な強風』で極度に乾燥した状態をを用意できない普通の風通しの場所では遮光しろと言うことでしょうか。
夏は断水する派と遮光強風の元で水をやり続ける派がいるらしい。


ところで、今日はドイツ便であふれる豊中イモ祭りに行ってきました。

20141005ペニクリナム

園主 「それは実生」
園主 「輸入株はどうしても長期維持することは難しい。実生なら、輸入株よりは日本の気候に慣れるかも」
園主 「一生つきあっていってください」

再会できるとは思っておらず、前日に偵察に行った同僚の「ペニクリナムあったよ」の言葉を何度も聞き返した。
日本カクタス企画社と同様に、ドイツと豊中にまで申し訳なくなる日が来るのか、かれをりっぱに育てる事ができる日が来るのか、これからのサルコカウロンの季節をよくよく考えていきたいと思います。

ところで30種仕入れたシンニンギアは一年後公開らしいです。
ドイツでの写真を見せていただきました。1週間後も荷がぞくぞく届くとの事でした。
豊中イモ祭り、即売会は6日までですが、これからまだまだ盛り上がる様子です。

| 栽培記録 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |