FC2ブログ

見切り発車。株分け

サルコカウロン(モンソニア)ら 花とか

サルコカウロン属(モンソニア属)秋になり目覚めた様子のはなしです。今年の夏はロホホラや牡丹を置いている2段目の棚に置き、直射日光をしのいでいました。風通しが良いので扇風機は使わず。9月に山城に遊びに行くと、ハウスの端っこで直射日光と風をガンガンに浴びて葉をふさふささせていました。私のサルコらは夏前に葉を落としたので、水を切り直射を避けていましたが、うまくやると夏場も葉を落とさないし潅水しても大丈夫で...

サルコカウロン(モンソニア)生い茂る

すごかったですね!あのオークション!何にいちばんエキサイトしたかって、実生25年であの風貌って事です。「日本では現地採取株のようにはならない、貧弱でヒョロヒョロ成長する」というテキストを読む機会が、皆様いちどはあったかと思います。でも、日本でもああいった株に成長させることが可能ということが分かりました。凄く希望が湧きますね!これ以下は、うちのサルコカウロン(モンソニア)です。サルコカウロン属 ムルチ...

ペニクリナムが起きてしまった。ベランダに扇風機設置

サルコカウロン・ペニクリナム(モンソニア・ペニクリナム)4月終盤に葉が全て落ち、豆のようになりました。その後水を切る。ガン黒ムルチフィヅムに対し、ペニクリナムは本当に白い。しかし空中湿度が高い日は真緑になり、焦る。あれはなんでしょうか。皮が湿気を吸ってるんでしょうか。先日の台風で強風が吹き荒れたとき、すぐに乾きそうだと思い水をやりました。数日後の7月24日(金)、帰宅して様子を見ると起きてしまっていた...

サルコカウロン・ペニクリナム、他

サルコカウロン・ペニクリナム貴重な赤サンゴが中国により乱獲されている。1年に0.3ミリしか成長しない。多肉植物も現地で不法に掘られている。サンゴ同様、0.1ミリしか1年で成長しない冬型のペラルゴニューム・ミラビレやサルコ・ペニクリナムなどは陸のサンゴである。日本でつくると、これらは枝が細くなり、姿が乱れる。もう購入はしないよう願いたい。もしすでにお持ちなら、光・風にあて、置物のように水をほとんど与えず保持...

サルコカウロン・ペニクリナムの死亡理由と山城愛仙園2014年秋期大展示即売会

サルコカウロン属 ペニクリナム(Sarcocaulon peniculinum)(現在はMonsonia peniculinumになっているらしい)2014年1月のI.S.I.J. 新年大会であれほど大はしゃぎして購入したサルコカウロン・ペニクリナム。残念ながら10日後には腐らせています。当時原因には思い当たっていましたが、もう日本には入らないかもしれないような貴重な株を駄目にしたことがショックで記録していませんでした。この株を譲ってくださった日本カクタ...