FC2ブログ

見切り発車。株分け

現在、多肉カテゴリ以外は記事移行作業中です。

≫ EDIT

久しぶりのベランダ・サボテン編

18日の地震後のベランダの状態です。

20180618地震後

阪神大震災の時(香川・震度4)より揺れが激しく、とっさに太郎を抱えたものの立ち上がることができませんでした。
世の震災体験者は大変だったろうなと実感として思っていたら、ほぼ震源地の山城からは即売会中止のお便りが届きました。
一日も早い復興をお祈りします。また土買いに行きます。


数か月ぶりのベランダ、サボテン編です。


20180617黒竜
プテロカクタス属 黒竜(Pterocactus tuberosus

夫の黒竜。
イモから太い枝が勢いよく生えている。これには驚きました。
2014年の秋に入手してから、初めて大規模な剪定が行われたのが3月のことです。

2017年12月20日
20171220黒竜

以前の黒竜。
入手時から手を入れていない姿。枯れ枝もくっついたままで、元々立派だったイモが見えない。

2018年3月15日
20180315黒竜

思いっきり剪定された黒竜。イモがむき出しになりました。
キズあとにはトップジンMペーストが塗られています。オレンジが目立ちます。
ベランダでU1さんが作業しているのを見てそんなに切り刻んで大丈夫なのかと心配していましたが……

2018年6月4日
20180604黒竜

それで正解だったようです。
帰ってきたらまるはげだった黒竜に太い枝がたくさん生えていました。

20180613黒竜の切れ端

剪定した細枝は土に挿していました。
枝挿しでも塊根ができるそうです。できるまでは日陰に置くそうです。


20180604怪竜丸
ギムノカリキウム属 怪竜丸(Gymnocalycium bodenbenderianum

夫の怪竜丸。
この写真を撮った6月初旬は曇り続きだったのと、5月~7月はベランダに満足に陽が入らないのとで、ついに咲くことなくつぼみが落ちてしまいました。残念。


20180612海王丸
ギムノカリキウム属 海王丸(Gymnocalycium denudatum

夫の海王丸。


20180611ルリ兜
アストロフィツム属 ルリ兜(Astrophytum asterias var. nudum)

夫のルリ兜。
ハオ等を置いてある2段目の棚で磨りガラス越しの光を浴びています。


20180613翠平丸
エキノカクタス属 翠平丸(Echinocactus horizonthalonius

大体似たようなピンク花の太平丸系だが個体差がある。これは花びらがシャギー。


20180622雷帝

20180622雷帝の花
エキノカクタス属 雷帝(Echinocactus horizonthalonius

夫の雷帝。
花びらの先が丸まってしまっている。終わりかけ?


20180630銀牡丹

20180630銀牡丹の花
ペレキフォラ属 銀牡丹(Pelecyphora strobiliformis

やたらと花ガラがついている。3月からずっと小さな花を咲かせまくっているようです。


これより下は怒涛のプナ・ボンニアエ祭りがはじまります。

6月11日
20180611プナボンニアエつぼみ
テフロカクタス属 ボンニアエ(Tephrocactus bonnieae
旧 / プナ属 ボンニアエ(Puna bonnieae

昨年は初めて一輪咲きました。今年はつぼみが付きまくりで期待が膨らみます。

6月14日・15日
20180614プナボンニアエ花上から

20180614プナボンニアエ花

20180614プナボンニアエ花横から2

20180614プナボンニアエ花横から

20180615プナボンニアエ横から

20180615プナボンニアエ花上から
テフロカクタス属 ボンニアエ(Tephrocactus bonnieae
旧 / プナ属 ボンニアエ(Puna bonnieae

大興奮です。
このブーケみたいになるのが見たくてずっと世話していたんです。
すごい!ネットで見る奴だ!興奮で写真が多くなります。

6月17日
20180617プナボンニアエ花おわり
テフロカクタス属 ボンニアエ(Tephrocactus bonnieae
旧 / プナ属 ボンニアエ(Puna bonnieae

花が終わっても綺麗。
今年は楽しみにしていた緋冠竜は花が終わってしまっていたし、一番楽しみだった豹頭は花芽がつかなかったしと残念なこともありましたが、これで満足です。
来年も見れますように!


スポンサーサイト

| 栽培記録 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の白い花々

夏になりベランダの多肉植物やサボテンが花盛りです。
花が咲いても咲かなくても素体の美しさに変わりがないというところに魅力を感じてこの植物を育てていますが、けっきょく花の記事ばっかりじゃないの!


7月2日
20170702海王丸の花

20170702海王丸の花2
ギムノカリキウム属 海王丸(Gymnocalycium denudatum

U1さんの海王丸。
数日間、清楚な花を楽しめます。


7月3日
20170703サルコカウロン・ヘレー
サルコカウロン属 ヘレー(Sarcocaulon herrei)(現・Monsonia herrei

休眠前に咲いてる。
休眠させない方がいいのではないかと思い水やりの間隔を2週間に1回くらいにしたら、葉が落ちはしないものの、幹が緑色に徒長し始めました。あぶないあぶない。


7月2日~4日
20170702プナ・ボンニアエつぼみ

20170703プナ・ボンニアエ花

20170703プナ・ボンニアエ花2

20170703プナ・ボンニアエ花3

20170704プナ・ボンニアエ花
テフロカクタス属 ボンニアエ(Tephrocactus bonnieae)

うちに来てから、初めて咲きました!
ピンクを期待してたけど白が咲いた。翌日には薄紅色っぽいかんじになっていました。
ティッシュみたいですごく好みです!


7月10日
20170710プナ・ボンニアエ花

20170710プナ・ボンニアエ花2
テフロカクタス属 ボンニアエ(Tephrocactus bonnieae

U1さんのボンニアエ。
うちにある4鉢のうち、2鉢が初開花してくれました。
どれも山城から似た時期に来たやつなので同じ色の花……とおもいきや花びらの形が違いますね。
こっちはエレガントなティッシュ。
皆ベランダでいちばん陽の当たるところに置いています。南向きに引っ越したことが関係してか、次々と初開花します。(去年はちょうど成長期に外壁塗装工事があったから…)


7月6日
20170706花王丸
エキノカクタス属 花王丸(Echinocactus horizonthalonius

トゲが内向きだから花王丸。
かれも2013年10月にうちに来てからの初開花です。
生長が遅いかれらですが購入時に比べると一回り大きくなっている。
太平丸系は花がすぐ終わるので満開の姿は見られませんでした。


7月13日
20170713花サボ

20170713花サボ1
謎の花サボテン

U1さんの花サボテン。
3年前に会社の取引先の方がでっかい親株から分けてくださいました。
名前が不明なので普段はその会社名で呼んでます。
「あっ、山田商事が咲いてるよ!」みたいな。



| 栽培記録 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バルクテンシスが花咲きすぎで心配になる。など

ここひと月はシムズ3をやりすぎていました。
洋ゲーの常としてフォルダ整理に追われるわけですが、ある日フォルダ整理だけでまる一日終わってしまった時には愕然としました。
それで、まあ梅雨ですね。
寒々しかった夜間もやっと蒸し暑く感じるようになってきました。
ベランダでは、ガガイモがワタ虫にやられてしまった以外はみな元気そうです。


5月28日
20170528ブラータの花
シンニンギア属 ブラータ(Sinningia bullata

現在でももうずうっと花が咲き続けているフロリアノポリス。
この写真は撮影のために移動させていまして、いつもは棚の2段目のすりガラス越しに陽を浴びています。
水は頻繁に3日に1回くらいで意識してやっています。イモが目に見えて大きくなっていきます。


5月28日
20170528紅籠のつぼみ

6月1日~2日
20170601紅籠の花

20170602紅籠の花
アズテキウム属 紅籠(Aztekium valdezii

5月末、U1さんの接ぎ紅籠につぼみがつきました。
それがひとつ咲きふたつ咲き、数日間ずっと楽しむことができました。


6月1日
20170601飛竜の花1

20170601飛竜の花2
ユーフォルビア属 飛竜(Euphorbia stellata

購入して3年、花が咲いているところを初めて見ました。
イモは埋めています。
この季節、まだあんまり中心が動いている感じはしないです。


6月2日~4日
20170602バルクテンシス

20170604バルクテンシスの花
コピアポア属 ヒポガエア ver.バルクテンシス

早春につぼみがバババッとつき花が咲きまくっていたバルクテンシス。
まーたつぼみがたくさんついた、と思ったそばから咲きまくっていました。
こんなに咲いて大丈夫なんでしょうかね。微粉ハイポをやらねば。


6月4日
20170604ユーフォルビオイデス
オトンナ属 ユーフォルビオイデス(Othonna euphorbioides

U1さんのユーフォルビオイデス。
小型のタンポポみたいな花が咲いたあと、綿毛になりました。
こぼれるままにされています。
葉が黄色くなり、そろそろ休眠のようです。


6月4日
20170604豹頭のつぼみ

6月10日
20170610豹頭の花1

20170610豹頭の花2
エリシケ属 豹頭(Eriosyce napina

今年は花芽がつくのが遅かった豹頭。5月末になりやっとつぼみが。
冬の間じゅうぶんに陽に当てていたと思っていましたが背が低くて思うより当たっていなかったせいでつぼみがあまりつかなかったのかもしれません。
小さい体から大きな繊細な花がでて来るところ好き。


20170610菊水の花
ストロンボカクタス属 菊水(Strombocactus disciformis

U1さんの菊水。ヤフオクから来た小さい方。
2回目の開花。


6月17日
20170617ラバティの花

20170617ラバティ
ユーフォルビア属 ラバティ(グリーンリーフ)?

U1さんのラバティ。
去年にくらべてずいぶんいい感じの植え方にされていますね。
ガクが広くて派手です。
ユーフォルビア・クレメルシーではないかと彼に疑われています。


6月19日
20170619翠平丸の花1

20170619翠平丸の花2
エキノカクタス属 翠平丸

翠平丸も今年2回目の開花。
個体差でいろいろあるようで、これはシャープなギザギザの花が咲いています。
太平丸系の花は咲いたらすぐ終わります。あ、咲くか?と思ったら次の日には終わっててがっかりしたりします。


| 栽培記録 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年春 大阪府立花の文化園 シャボテン趣味の会 展示即売会

花の文化園にて、シャボテン趣味の会による展示が行われていました。
2017年5月3日(水)~5月7日(日)にかけて開催。7日に行ってきました。

以前に一度行ったときには最寄り駅まで徒歩50分(※)かかり、もう二度と行かねー!と思ったりしてましたが、改めて快適な手段(車)で行くとすごく良い場所だと感じます。
※ バスに乗ろう

20170507花の文化園

いつの間にかホームページがいけてる感じになっててびっくりした。
行政のやる気がみなぎってますね。

20170507花の文化園_サボテン展

展示即売会は園内のこじんまりとしたイベントスペースで開催されています。
窓のそばのテーブルに置いてある株は販売物です。

以下、展示物を少し撮ってきました。

20170507花の文化園_マミラリア
マミラリア属 ピコ(Mammillaria spinosissima 'Pico')

20170507花の文化園_ヒポガエア
コピアポア属 ヒポガエア(Copiapoa hypogea

20170507花の文化園_ロイヤル玉牡丹
「ロイヤル玉牡丹」

20170507花の文化園_三角牡丹
アリオカルプス属 三角牡丹(Ariocarpus trigonus

20170507花の文化園_アロエ
かっこいいアロエ。 名前を伺ったのに忘れてしまった…



話は変わり、
ゴールデンウィーク中に岐阜にある「モネの池」に行ってきました。

 20170503岐阜モネの池1

普通の小さい池ですが、水が湧き出ているので透明度が高い。

20170503岐阜モネの池2

無理だこれ。
写真家の腕しだいでこの世のものとは思えない絵画のような写真が撮れるスポットです。
「岐阜 モネの池」で画像検索しおう。

それでモネの池はともかく、本題はほとりにある園芸店です。
なんとお高いサボテン達が超激安価格で売られており、夫はうっかり3頭の菊水を購入していました。
田舎の園芸店は最高ですね!

5月14日
20170514菊水花
ストロンボカクタス属 菊水(Strombocactus disciformis

写真 by夫iPhone
出かけていて見られなかったけど花がいっぱい咲きました。



その他ベランダの話。

20170518緋冠竜花1

20170518緋冠竜花2

20170518緋冠竜花3
テフロカクタス属 緋冠竜(Thelocactus hexaedrophorus var. fossulatus

夫の緋冠竜。
ベランダの一番日が当たる端っこに置かれています。
白~ピンクの花が咲くようで、この個体は薄ピンクが咲きました。
トゲも花も派手で良いですね。


| イベント、店舗訪問記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仙人掌多肉植物供養碑 中山寺にて

2017年1月15日(日)に行って来た、宝塚市にある中山寺の話です。
中山寺ではずっと五重塔再建工事のため、星の広場への道が通行止めとなっていました。
年が明けて、ピカピカの五重塔とともに「仙人掌多肉植物供養碑」への道が開けた!

20170115多肉植物供養碑

ああー
ごめんねペニクリナム(※)、ごめんねペアルソニー、ごめんねなんかいろいろ

※小さいやつは元気です。

20170115多肉植物供養碑2

彫刻されているのはパキポディウム、アロエ、柱サボ、団扇サボ、兜、万象、玉扇で合ってる?

20170115多肉植物供養碑3

立派な供養碑です。
2015年4月に建立されてからやっと行けるようになりましたので、みなさまどんどん悲しみを胸に懺悔しに行こうよ。

20170115ニコリー
エキノカクタス属 ニコリー(Echinocactus horizonthalonius var. nicholii

U1さんのニコリー。
私がほしかったのでそそのかしました。すみませんでした。
本人は黒王丸とゴジラのセットがほしかったそうです。

20170115五重塔

青くて格好良いピカピカの五重塔と雪。
滅多に見ることのできないシチュエーションなのにカメラを忘れてきた!ばか!



20170117部屋の中

さて、最強寒波。
私の調べではB'zファンはかっこいい四字熟語を聞くと興奮する習性があるので先週以降ニュースを見るたびにドキッとしてたひとはおおいんじゃないでしょうか。
最強寒波が日本を覆ったという事で、大事を取って植物をすべて部屋に入れました。
今ベランダには切り干しダイコンしか出てないです。

20170117ペクチニフェラ2
ユーベルマニア属 ペクチニフェラ(Uebelmannia pectinifera

昨年獲得したU1さんのペクちゃん。
1年後の姿。

20170117ペクチニフェラ

タテに大きくなっています。


| イベント、店舗訪問記 | 00:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT