FC2ブログ

見切り発車。株分け

春に向けて活動しつつあるアドロミスクスなど

きのうは香川から例年ではありえないほどの雪が積もっていると写真が送られてきました。驚きです。奈良県北部はまあまあマシな感じです。部屋の植物らは春の気分になっているものもちらほらいます。アドロミスクス属 ハリー(Adromischus marianiae 'Hallii' Abios Mountain)アビオスマウンテンは産地。2013年秋に購入後、じわじわと葉数が増え続けています。夜間屋内、日中戸外に置いています。調子よく新しい葉を出しているの...

アドロら。ハリーやレッドドリアンの現在

アドロミスクスが成育しています。冬強く、夏も東向きベランダでは無遮光で問題なかった。強いが一部を除きものすごく生長が遅い。まず、「2014年1月の山城即売会の福引でもらった松虫の葉っぱ」のはなし。2015年2月7日松虫(Adromischus hemisphaericus)が葉差しから増えています。色んな鉢に置いた松虫の一部です。もらってきた松虫の中に紛れていたエケベリアの葉は、右隣の姿になりました。名前は分からない。左隣の青っぽい...

赤い卵咲いた

アドロミスクス属 赤い卵(Adromischus marianiae)姿形は違ってもマリアニアエ。筒の先が開いたと思ったら花だった。電話機のがんばりここまでか。こんなに小さいんじゃ、ここから先はカメラ要ります。本体は約ひと月水をやっていない。マリアニアエ ”ハリー”も同じ時期に花芽を付けたけど、まだ咲かないようです。...

12月のアドロミスクス

おとつい雪も降りましたし、冬眠しかかっていました。現在4種類所持しているアドロミスクスは、未だどれもベランダで防寒対策もなく通常の水やりで過ごしています。レッドドリアン新芽が一向に出ないレッドドリアン。6月の購入時から何も変わらないので、何か根本的に育て方を間違えているのかもしれない。秋に植え替えしていれば少しは育ったんでしょうか。ブライメキシカーナ相変わらずググってもこの名前がヒットしない。11月ま...

アドロミスクスが動き出した

アドロミスクス属(Adromischus)購入時から大して変わらないように見える3点。すこし色が薄くなったような気もする。左・ブライメキシカーナ(?)  右・赤い卵  上・レッドドリアン7月半ばまで20%遮光、その後は40%遮光で夏を過ごしていただいた。窓一族と同じ環境で育てるとうまくいくと聞いてびびっていたが、相当強靱な性質を持っているようだった。8月中は3回程水をやった。赤い卵は葉に少ししわが寄ると水やりのサイ...